キャリア支援企画(5)「言語聴覚士のお仕事」を開催しました

2018/7/12 >> その他, イベント報告

7月4日(水)の3校時に,「言語聴覚士」についての説明会を行いました。言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist:ST)は,心理学を活かした専門職の一つととらえることができ,学部で心理学を学んだ人たちが選ぶ進路の一つです。

今回はお二人のゲストをお招きしてお話を伺いました。

■ 鈴木 將太 先生(ST。仙台医療福祉専門学校言語聴覚学科)

言語聴覚士の仕事内容と、言語聴覚士の資格取得までの専門学校での学びについて、お話しをお伺いしました。

■ 高橋 淳美 さん(ST。2014年度心理行動科学科卒業生。介護老人保健施設・エバーグリーンツルガヤ 勤務)

一日の仕事の流れや、どんなところで仕事をしているのか、写真も見せていただきながらうかがいました。この道を目指したきっかけ、進学に際しての保護者の説得について、在学中の病院実習のエピソード、国家試験対策の話まで、幅広くご経験をうかがいました。

 

当日は、2~4年生の20名が参加しました。心理学を勉強したのちに,医療現場で活躍するという選択肢があること知り,進路選択の考えの幅が広がったようです。

詳細はこちらからご覧ください。

(木野記)

Comments are closed.