キャリア支援企画(10)『シリーズ:心理学を現場で活かす ~マーケティングリサーチセミナー~』を開催しました

2019/1/12 >> イベント報告

1月10日(木)3校時に、マーケティングリサーチセミナーを開催しました。

この企画は、毎年この時期に、マーケティングリサーチ事業を展開するマクロミル社からゲスト講師をお招きして、就職活動開始目前の3年生を対象に行っています。

心理学の学びを将来の仕事に結びつけるというと、「カウンセラー」が一番に浮かぶ学生が多いのですが、これ以外の道もあります。その一つがマーケティング分野です。

今回の企画では、心理行動科学科での学びが社会でどのように活かされうるのかや業界を知ること、そして、リサーチのポイントを実社会の素材をから学び、プレ卒論や卒論に役立てていくことを目的として行いました。

詳細はこちらからご覧ください。

(木野記)

12月の心理行動科学科

2019/1/4 >> 今月の心理行動科学科

朝晩の冷えが厳しくなってきましたね。 8日には仙台で初雪を観測しました。
12月8日(土)午後はオープンキャンパスでした。
体験コーナーでは心スキャナー、鏡映描写を体験していただきました。実践研究報告は11月23日にアエルで報告した学生が、先日の経験を活かし、さらにわかりやすく説明をしていました。友野先生による不安と性格の心理学の模擬授業では実際に検査用紙を使って自分の不安度を確認しました。

12月11日は学科の忘年会。教員も学生も皆が一緒に食事を囲んで語り合いました。

12月15日(土)の午後3時から、仙台市市民活動サポートセンターで学科教員3名による「教員のための心理学講座」が開かれました。
それぞれの専門分野から生徒指導、受験指導に役立つ心理学をレクチャーする企画です。
すぐにでも活用できそうな、いろいろなヒントを聞くことができました。
12月26日で授業は終わりますが、4年生は卒論仕上げ作業で年末年始も忙しそうです

「映画の話し『SUITS/スーツ』」(担当:大橋智樹)

2018/12/30 >> 役に立つ!!心理学コラム

今回は,アメリカの人気テレビドラマシリーズの話をしましょう(日本でもこの秋に織田裕二主演でフジテレビの“月9でリメイクされました)。
舞台はニューヨークの法律事務所。超一流の弁護士たちが,同じく超一流の企業と顧問契約をして企業利益を高めるために昼夜を問わず活躍する物語です。さまざまな困難が,これでもか!というくらいに連発され,登場人物たちはそれらに翻弄されながらも解決を探っていきます。
その中で印象に残ったセリフがありました。主人公のハーヴィー・スペクターが,もう一人の主人公であるマイク・ロスに言う言葉です。

“頭に銃を突きつけられたら、従うか殺されるかの他にまだ146通りある。

正確にはこのセリフは,ハーヴィーの言葉をマイクが紹介する時に使ったのですが,頭に銃を突きつけられられるような究極の状況でも,諦めずに考えろ!ということでしょう。なるほどなぁと思いました。
誰の人生でも困難がつきものです。人から見てたいしたことがなくても,自分にとっては銃を突きつけられるのと同じくらい危機に感じることもあります。諦めなければ常に解決法が見つかる!というわけではないでしょう。でも,諦めたら終わりなんですよね。だから,常にチャレンジすることが大切なのです。
チャレンジできる学生さんをたくさん育てたいなと思いますし,心理学はそれにうってつけな学問だとも思います。大学で心理学を学びましょう!もちろん,本学科をお勧めします!(笑)

『SUITS/スーツ』

キャリア支援企画(9)『シリーズ:心理学を現場で活かす ~心理臨床場面での実践~』を開催しました

2018/12/20 >> イベント報告

11月28日(水曜)の4校時に、現在 臨床心理士として学校現場でご活躍のOGをお招きして、キャリア支援講演会を開催しました。

心理行動科学科に入学してくる学生の中には、カウンセラーを将来の進路の一つとして志望している学生もいます。そこで今回は、心理学の専門性をダイレクトに活かす現場の一つである心理臨床現場について具体的なお話を伺う機会をもうけました。

詳細についてはこちらをご覧ください

(森記)

12月のリレーエッセイ(森ゼミ4年 金子明日美さん)

2018/12/20 >> 在学生によるリレーエッセイ

こんにちは、森ゼミ4年の金子明日美です。
11月に4年間続けてきた部活を引退しました。今までは何をやるにも部活優先でやってきたのですが、今は何よりも卒論が優先の生活を送っています。部活をやっていた時よりも忙しいのではないか…。毎日卒論とにらめっこをしています。

私は卒論で桜ケ丘の犯罪不安をテーマにした研究を行っています。質問紙調査を行ったり、実際に桜ケ丘を歩いて調査を行いました。結果が出るとおもしろいな~と思うこともあります。卒論は難しいし大変ですが、自分たちが明らかにしたいことが見えてくると面白いです。1月26日には卒論発表会があるので、ぜひ足を運んでみてください!

卒論が終わることはうれしいことですが、もう卒業なんだな~と寂しくもなります。4年間が経つのは、はやいですね。残りの学生生活もあとわずか。やることはちゃんとやりつつ、充実したものにしたいと思います。