オープンキャンパス開催レポートを公開中!

教員紹介

生活科学部

生活文化デザイン学科

いいぶち こういち
飯淵 康一   教授

工学博士

研究分野 日本建築史 住宅建築史 近代建築史
主な担当科目 住宅文化史Ⅰ、Ⅱ  建築史   住生活文化論
メッセージ 君達は今、人生の中で最も感受性に富む大切な時間を生きています。大学生になったら自ら学び、然しながら批判的精神も持って取り組む事が必要になります。例え教科書と言えども、正しい事ばかり書いてあるとは限りません。スマートフォンのみに頼るのではなく、多くの本を読み自分の頭で考える習慣をつけておきましょう。
more info

おおくぼ なおこ
大久保 尚子   教授

博士(人文科学)

研究分野 服飾史、染織意匠、服飾美学
主な担当科目 服飾文化史、服飾美学、衣生活文化論、生活造形論
メッセージ 服飾は常に人の心、身体と供にあります。何を身につけるか、その選択が社会の中での人と人との関係性を作ることもあれば、音楽、演劇、美術、文学など様々なジャンルの表現活動と一体となった装いが、非日常と日常を繋ぐ魔法のような力を持つこともあります。身近で奥深い服飾の世界を探求してみませんか。
more info

ほんま よしのり
本間 義規   教授

博士(工学)

研究分野 建築環境工学,建築設備,省エネルギー工学
主な担当科目 建築環境学,住生活環境論,建築設備,建築サステナブルデザイン論
メッセージ 自分の能力に制限をかけないでください。「能力は無限」とは良く言いますが,例えば「私は数式や計算がきらいだから無理」などと思わないでください。最初は見様見真似でいいので,とりあえずトライしてみる。ゆっくりじっくり考えられるのが大学生の特権です。
more info

やん しゅあん
厳 爽   教授

博士(工学),Ph.D

研究分野 建築計画、環境心理、医療福祉建築
主な担当科目 建築計画、住居計画、福祉住環境論、デザイン演習III(建築・インテリア)
メッセージ 大学での学びはこれまでのような、ひたすら暗記し、ドリル解く「お勉強」ではありません。自分が没頭できることを見つけ、自ら問題を発見し、それを解決するプロセスを学んでいくのです。自ら考えること、判断することは大切です。
「好きなことを見つけて、それを一生の仕事にしていく」ための場所、それが大学です。
more info

すだ まさふみ
須田 眞史   准教授

博士(工学)

研究分野 建築設計論、建築計画、建築人間工学、医療福祉、療養環境
主な担当科目 住居デザイン論、インテリアデザイン論、デザイン演習(建築、インテリア)
メッセージ 建築は我々の生活とは切り離せない身近な存在です。みなさんは普段の生活の中で、建物に関して疑問や要望を感じることがあると思います。そうした感性は是非大切にしていただきたいと思います。なぜなら、建築について考えることは、暮らしを豊かにすることにつながるからです。
more info

ふじた かよこ
藤田 嘉代子   准教授

博士(人間科学)

研究分野 ケア、ワークライフバランス、ジェンダー平等
主な担当科目 家族論、家族社会学A、家族社会学B、ライフコース論、社会調査論
メッセージ 家族やジェンダーは自分自身の経験から出発して考えられる、身近でかつ、奥の深いテーマです。本学は女子大学なので、あらゆる団体・グループの長は、会長もゼミ長もみな女性です。家族とはなにか、女性が十分その能力を発揮できる社会とは何か、実践しながら一緒に考えてみませんか。そんな環境が本学にはあります。
more info

やすだ なおたみ
安田 直民   准教授

修士(工学、建築学)

研究分野 建築設計、建築デザイン
主な担当科目 建築デザイン演習、造形数理、製図基礎演習
メッセージ 都市空間や建築空間は全ての人間にとって常に身近にあるものです。当たり前にある家や学校あるいは道路のような空間を、使う人であるだけでなく設計する人になってみませんか。皆さんが日頃感じる楽しい空間、忙しい空間、不便な空間、居心地の良い空間、自分だったらどうやってデザインできるか考えてみて下さい。
more info

ホーム生活文化デザイン学科 > 教員紹介