学科が目指すこと

英語の継続的段階的学習で“English learner”から“English user”へ。専門コースで、知識、分析力、思考力を深め、卒業研究の個別指導を通して、学生個々の力を引き出していきます。

教員からのメッセージ

My aim is to help you move from being an English learner to becoming an English User. You will achieve this here by using English every day. However, you must be willing to put in the time and effort required. If you do so, we as teachers can support your learning and ensure you achieve your goals.

John Wiltshier 教授

3つのポイント

01

基礎力

“English learnerからEnglish userへ”をスローガンに、4年間の継続的・段階的・多角的な授業や演習で、高度で正確な英語力を身につけていきます。また、それぞれの授業はその目的にかなったクラスサイズで開講され、学生の能力に合ったクラスで効果的に学ぶ環境が整っています。

02

専門力

1、2年次で培った英語基礎力を3、4年次の「英語学コース(言語学、英語教育)」と「英米文学・文化コース(英語圏文学・文化研究)」の2つのコースで応用していきます。各コースでは、英語に関する専門知識を深め、探究力・分析力・批判力・思考力を高めていきます。

03

実践力

英文学科の学生なら誰でも利用できるESL(1 to 1英会話教室)やERA(学内外で英語を使う活動に対して単位を認定する制度)、また、国内英語研修、Overseas Study(海外研修)、海外交換留学などの制度を利用して授業で身につけた英語力を実践で活かすことができます。

学びの紹介

3年次から2つの専門コース

▶︎英語学コース/LINGUISTICS

英語を、音声、構造、意味、歴史、社会との関係、母語習得、日本人の英語習得、脳科学など多方面から英語の本質を探ることで、人間を理解しようとしています。また英語を学んで抱いた素朴な疑問を解くことで、英語の理解を深めます。

▶︎英米文学・文化コース/LITERATURE,CULTURE

英語圏の文学作品や文化を読み解く力を強化することを通して、言葉に対する豊かな感性を磨くとともに、自分の意見をまとめ議論し相互理解を深める能力を養います。

少人数での充実した学び

▶︎英語基礎科目

英文学科の1,2年次英語基礎科目の特長は、学生一人一人のレベルに応じた、細やかなクラス分けです。また、授業以外の自分の空き時間を利用して、英会話ラウンジ(English Speaking Lounge)で、英語のネイティブスピーカーを相手に英会話を練習することもできます。さらに自分の好きな時間にできるオンライン学習システムも完備されています。

▶︎English Speaking Lounge

通常のSpeakingの授業に加えて、English Speaking Lounge(ESL)を平日毎日開設しています。ESLとは、英語のネイティブスピーカーの先生が英会話のレッスンをしてくれる場所です。英文学科の学生なら誰でも無料で思う存分、英会話を楽しめます。また、レッスンを通して、Speakingと同時にListening能力の向上も期待できます。