就職活動における保護者の役割

本学では多くの学生が大学卒業後に就職という選択をしています。就職活動は長期化することもあり、学生は肉体的、精神的にストレスを抱えます。また、就職以外の選択をする場合も、まわりとの学生生活の過ごし方が違うなど、孤立感を持つ場合もあります。キャリア支援課でも、一人ひとりに寄り添い進路決定をサポートしていますが、多くの学生は、保護者のサポートを必要としています。学生たちは、保護者の皆様を最も身近な社会人の先輩として信頼し、寄り添って話を聴いて欲しいと思っています。

本学のキャリア支援に関する学生アンケートからは、保護者の皆様との会話が学生の進路選択・就職活動に大きく影響を与えていることがわかります。就職活動を始める前に「働くとはどういうことか」について考えることも大切です。ご家族で仕事についての考え方を話してみたり、学生の将来の夢や理想のライフプランについて聴いてみたりと、学生が「働き方」や「生き方」について考えるきっかけを提供いただければと思います。また、働くことの「楽しさ」や「やりがい」なども、ぜひお伝えください。

なお、以下にご紹介する『保護者のための就職支援セミナー』では、昨今の社会状況を踏まえて、保護者の皆様が学生をどのようにサポートできるのかについての情報提供を行っています。ご参考いただければ幸いです。

保護者のための就職支援セミナー

例年11月の第一土曜日に開催しています。
企業の採用動向などについて外部講師によるご講演、内定を獲得した4年生(ジュニアアドバイザー)による就職活動体験談報告会、キャリア支援課スタッフによる個別相談などを行っています。

セミナーの開催日時および申し込み方法は後日郵送でご案内いたします。学部・学年を問わずすべての保護者の皆様を対象としていますので、ぜひご参加ください。

ご参考:2021年度の開催概要はこちらからご覧いただけます。
11/6(土) 保護者のための就職支援セミナーのご案内