オープンキャンパス開催レポートを公開中!

心理行動科学科

心理行動科学科

心理行動科学科

心理行動科学科

心理行動科学科

心理行動科学科

発達臨床学科のリーフレット

人の行動と心理を追究し社会に貢献する

心理行動科学科がめざすこと

人の心の動きや行動を科学的に測定し、統計的に分析し、論理的に解釈する心理学の学びを通して、人間の行動や心理に対する理解を深め、ものごとを客観的に考える力、的確に表現する力の獲得をめざします。

心理行動科学科がめざすこと

一緒に学びませんか?先生からのメッセージ

工藤敏巳 教授(スポーツ心理学)
うちの学科は面白いですよ。カリキュラムや学習内容も充実していて、学生たちも一生懸命です。同じ学年間の交流だけでなく、先輩・後輩という縦のつながりもあって、学生たちは満足感を持って卒業していきます。また、先生方も一生懸命でユーモアもあって、丁寧に授業・ゼミを進めています。私たちと一緒に、心理学を学びませんか。

工藤敏巳 教授(スポーツ心理学)

3つのポイント

●基礎と応用、基礎と実践を両立するカリキュラム●多彩な研究領域に展開するセミナーを開講●社会での実践経験を単位化する先進的制度を導入

美術史学や歴史学を学ぶ「歴史コース」

<関連科目>
1・2年次には、心理学の入門と実践を同時に学ぶとともに、哲学や人間工学、医学など心理学に関係の深い周辺学問領域を学習。学問全体における心理学の位置づけを理解します。

<基幹科目>
心理学における基礎的な領域を学習。基礎科目では、心理学全般に関わる知識や技能を、展開科目では心理学における伝統的な学問領域を学ぶことで、心理学の全体像を把握します。

<発展科目>
専任教員が研究者として持つ専門分野についての最先端の知識を学ぶ特殊講義など、基幹科目によって修得した知識を土台にして、心理学の応用領域を学ぶ科目群です。

<セミナー科目>
本学科のカリキュラムの“大黒柱”。学生の希望や各年次のレベルに合わせたセミナーが展開され、卒業時に心理学の専門家を名乗れるように卒業研究に取り組みます。