ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

教員紹介

学芸学部

英文学科

しみず なお
清水 菜穗   教授

博士(国際文化)

清水 菜穗
研究分野 アメリカ文学、アメリカ文化、アメリカ研究
主な担当科目 アメリカ文化論1・2、アメリカ文学史Ⅰ・Ⅱ、英米文学・文化研究セミナーⅠ・Ⅱ
メッセージ 「アメリカ文化」と聞いて、皆さんはどんなことを思い浮かべますか?ハンバーガー?自由の女神?大統領?ジャズ?それとも大リーグ?そう、アメリカは私たちにとって今やとても身近なものですね。でも、まだまだ皆さんが「知らないアメリカ」があるかもしれませんよ。一緒に「知らないアメリカ」探求の旅に出ませんか!
more info

ジョン・ウィルトシア
John Wiltshier   教授

Master of Education

ウィルトシア・ジョン
研究分野 TESOL, 英語教育、児童英語教育
主な担当科目 Speaking, Listening, Reading Activity,Writing,イギリス生活と文化、児童英語教育、基礎ゼミ、卒業論文
メッセージ My aim is to help you move from being an English learner to becoming an English User. You will achieve this here by using English everyday.
more info

ますとみ かずひろ
増冨 和浩   教授

修士(文学)

増冨 和浩
研究分野 英語学(統語論、形態論)
主な担当科目 Grammar 1-4, Advanced Grammar 1-2, 英語学基礎セミナー, 卒業研究セミナー
メッセージ 大学での学習は、高校までとは少し異なります。大学では教室で学ぶことがすべてではありません。むしろ、授業で学んだことをさらに自分で調べ、考え、発展させることが大切です。自分が知りたいことを知りたいだけ学んでください。それこそが、大学での学習だと思います。そのような自由な学びを教員がサポートします。
more info

ゆさ のりあき
遊佐 典昭   教授

修士 (文学)

遊佐 典昭
研究分野 生成文法、認知脳科学、言語処理、第二言語獲得、心理言語学、英語教育
主な担当科目 ことばと人間、英語音声学、心理言語学、英語学基礎セミナー
メッセージ グローバル化が進む現代では、自分で発信することが大事になります。自分に自信がない人、ネガティブな人も、考え方を身につければ、能力はいくらでも伸ばすことが可能です。大学で、自分の変化を楽しみませんか。学生の能力を伸ばすために助けとなればと思っています。
more info

よしむら のりこ
吉村 典子   教授

博士(学術)

吉村 典子
研究分野 イギリス文化、芸術、建築、デザイン
主な担当科目 イギリスの生活と文化、イギリス文化史、英米文学文化基礎セミナー、卒論
メッセージ 英文学科では、「英語」および「ことば」をしっかり使える人材を輩出することを目標の一つに掲げています。私の担当するイギリスの芸術文化では、視覚芸術の、ことばで表されていないものをことばで表していきます。これを繰り返していけば、あなたの洞察力、そして、ことば/英語の表現力も豊かになっていくことでしょう。
more info

さかい ゆうすけ
酒井 祐輔   助教

修士(文学)

田島 優子
研究分野 イギリス文学
主な担当科目 英米文学・文化基礎セミナーI・II、英米文学・文化研究セミナーI・II、Reading
メッセージ 昔は外国語で書かれた本といえば特別な場所にしかないものでしたが、オンラインショップや電子書籍が普及した現在では、最新のベストセラーから文学作品、専門書まで、語学力というパスポートさえあれば誰でも簡単に読むことができるようになっています。英語を学んで一生使えるパスポートを手に入れてみませんか。
more info

たしま ゆうこ
田島 優子   准教授

修士(文学)

田島 優子
研究分野 アメリカ文学
主な担当科目 英米文学の世界,英米文学・文化基礎セミナー,Reading,
メッセージ 文学は医療や農業のように直ちに世の中の役に立つものではないかもしれません。けれども人生の岐路に立ったとき、文学は必ず人を支えてくれます。優れた小説をじっくりと読んでみると、自分と同じことで思い悩んでいる人が世界中に驚くほどたくさんいることに気が付くはずです。一緒にアメリカ文学作品を読んでみませんか?
more info

ふじさき さなえ
藤崎 さなえ   助教

修士

藤崎 さなえ
研究分野 批判的思考、英語読解、メディアリタラシー、TEFL
主な担当科目 Intensive Reading, Academic Reading, Speaking, Listening
メッセージ 「オレオレ詐欺」は日本にしか存在しない詐欺と知っていますか?2005年にはすでに広く知られる様になったのに、未だに被害件数・金額が増加しているのはなぜでしょう? 答えは、多くの日本人が「情報を疑わず鵜呑みにする」からです。その情報が真実かどうかを判断するため、英語を通じて批判的思考を勉強しましょう。
more info

ホーム英文学科 > 教員紹介