ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

現代ビジネス学科

現代ビジネス学科

現代ビジネス学科

現代ビジネス学科

現代ビジネス学科

現代ビジネス学科


現代ビジネス学科の学びとは

ビジネスとは、営利や非営利にかかわらず、さまざまな組織形態において、特定の価値を創造し事業目的を実現するための、活動の総体を指します。本学科では、そのような意味でのビジネスを円滑に進め、成功に導くために必要な知識を、体系的に学びます。
現代ビジネス学科が育成するのは、宮城そして東北地方の豊かな資源を活かして新たな価値を創造できる、「幅広い知識」と「実践力」を併せ持った人材です。女性に専門特化したキャリア教育と、教職員が一丸となっての就職支援を通じて、ビジネス・パーソンとしての巣立ちを後押しします。


一緒に学びませんか?学部長からのメッセージ

現代ビジネス学部 現代ビジネス学科 宮原育子 教授(観光学)
現代ビジネス学科は、観光や地域、国際などのビジネス分野をめざす方に最適な学科です。 学科ではビジネスの基礎として、経営学やマーケティング、商品流通、経済学、会計学、情報処理、外国語などを学び、さらに「ビジネス実践研究」や「ビジネス課題研究」などの演習(ゼミ)で、自治体や企業、地域団体の観光振興や商品開発、国際交流などの実際のプロジェクトに取り組みます。 学外の活動も多く、現代ビジネス学科ならではのアクティブな学びは、学生たちの成長を促しています。 変化する社会の中で人々を笑顔にするビジネスを一緒に考えましょう。


3つのポイント

POINT 1

演習と実習からなる少人数制のゼミナールで、ビジネス実践の現場を体験します

2年次からゼミに所属して、自分の関心に沿った学びを深めます。ゼミでは議論やプレゼンテーションなど、実践的な活動を通じたプロジェクト型学習を重視します。企業とのコラボレーション、商品開発や販売などリアルなビジネスの企画運営、ビジネス現場の実態調査など、グループワークを通じて実践力を養います。

POINT 2

ビジネス・パーソンに求められる基礎知識(マーケティングや会計など)を習得できます

「マネジメント」コースでは、マーケティング、会計学、財務、経営戦略、情報処理など、どんな業界や職種においてもビジネス実務に必要となる、汎用的な知識を身につけます。さらにその中から特定の専門領域を選んで学びを深め、日商簿記検定、販売士、ITパスポートなどの資格取得をめざします。

POINT 3

観光、国際ビジネス、地域振興など21世紀の新たな重要分野を学びます

「観光・地域振興」コースでは、今後いっそうの成長が見込まれるツーリズムとホスピタリティ、東北地方の資源活用やコミュニティが抱える問題解決を通じた地域振興、そして急速に進む日本社会の国際化に適応する新たなビジネスの可能性などについて、多面的に学びます。また、英語関連科目(ゼミを含む)を選んで履修することで、実践的な英語力を磨けます。


●取得可能および受験可能な資格

日商簿記検定、ITパスポート試験、リテールマーケティング(販売士)検定、国内/総合旅行業務取扱管理者、観光英語検定 他


学びの紹介

<マーケティング>

新商品の開発の仕方から効果的な宣伝の方法まで、『売れる仕組みの作り方』を学びます。
ハサミの刃が何重にもなっているハサミ。きざみ海苔用ハサミとして販売しましたが売れず、シュレッダー用としたところ爆発的に売れました。 商品の売れ行きは、このように視点を変えるだけでも変わります。 商品が売れる仕組みについての理解は、ビジネスの成功にとて不可欠なのです。

<情報処理>

データ分析の仕方やデータ解釈のコツなど、『ビジネスに必要なデータ活用技術』を学びます。
あるカレーのメーカーは膨大な購買データから、カレーと卵が一緒に買われやすいことを突き止めました。 そこでカレーと卵を両隣に置くことで、売上増加に成功しました。 経営企画やマーケティングの現場では、このようなデータ分析の知識が重視される時代になっています。

<流通>

日本国内の流通から世界に広がる物流まで、『生産と消費をつなぐ仕組み』を学びます。
ネットショップを中心に、ドローンでの宅配も現実的になってきました。 商品を人に届けるまでの産業を、流通業といいます。 必要な商品を、必要な時、必要な人に提供するには、流通の知識は不可欠です。 近年では、災害時のライフラインとして、流通産業の役割は更に重要性を増しています。

<会計・簿記>

会社の能力を分析するために必要な『世界共通のビジネス言語』を学びます。
会計や簿記は世界共通のビジネス言語と呼ばれます。 例えば財務諸表の読み方を知っていれば、世界の会社の収益の仕組みや本当の能力をイメージではなく、数字で判断できるようになります。 このような知識は、就職活動の会社選びにも役立てることができます。

<ビジネス英語>

英語力を持ち合わせたビジネスパーソンになるための『実践的な英語』を学びます。
現代ビジネス学部の英語教育は、現場で使える意思疎通力を重視。 プレゼンや多読など、楽しくユニークな学びが特徴です。 加えて「時事英語」や「観光英語」など幅広い選択科目が用意されているので、英語コミュニケーション関連科目を重点的に履修することも可能です。

<観光学(ツーリズム/ホスピタリティ)>

21世紀最大の産業と言われるほどに巨大化し多様化した、今日の『観光の成り立ちと多様な現状』を学びます。
年間10億もの人々が国境を越えて移動し、観光が「最大の産業」と称される21世紀。いわゆる旅行会社に加えて、旅客輸送、宿泊、外食、娯楽などを含めた広義の観光ホスピタリティ産業は、日本の経済成長の担い手として期待を集めています。また、人々を魅了する事物があれば即座に観光商品化される今日、観光は世の中のありさまを映し出す鏡でもあります。観光学は、経済・社会・文化など多様な視座から観光を研究して、ビジネス機会の創出や拡大を導く、チャレンジングな学問です。

現代ビジネス学科の観光学

<地域資源と産業/コミュニティビジネス>

人口減少と経済縮小に苦しむ『地方の社会と経済を再生するための基礎知識と考え方』を学びます。
三大都市圏への人口集中が進む今日、日本の地方社会では、人口減少と経済の空洞化が深刻な問題となっています。どこに行っても寂しい「シャッター商店街」が目につく東北地方は、そうした経済衰退に苦しむ地域の典型です。地域社会を再生するためには、地域が抱える問題を分析し、抜本的な解決策を開発していかねばなりません。ご当地グルメの開発、地域産品のブランド化、インバウンド観光振興など、地域の独自の資源を活用したビジネスに加えて、従来は行政が担っていた地域の課題を営利ビジネスとして解決していく「コミュニティビジネス」について、学んでいきます。

<国際ビジネス/多文化共生>

今日の多文化社会において『外国人と共に働き、共に生きる道筋』を学びます。
社会と経済のグローバル化が進む今日の世界では、ビジネス活動は日本の国家や社会の内側だけで完結するものではありません。地域の経済振興をはかるうえでも、原材料の輸入や製品の輸出、外国人観光客の誘致など、海外との様々なつながりのなかでビジネスは進んでいきます。外国人労働者や居住者が増加する日本では、お隣さんや同僚やお客さんが外国人であるのが、当り前のことになります。<国際ビジネス/多文化共生>の領域では、外国人と共に働き、外国人相手に商売をし、外国人と協力して地域社会を作っていくための道筋を、学びます。