卒業生の声

※所属は取材時のものです

仙台市立桜丘小学校 教諭

五十嵐朱里さん

宮学は実践的な授業が多く、特に模擬授業では学生が先生役・児童役に分かれて何度も授業を行うので、仲間同士勉強になることが多くありました。現在、1年生の担任として子どもたちと一緒に忙しくも楽しい日々を送っています。全教科の指導は大変ですが、子どもたちの「分かった!」「なるほど!」とキラキラした目で学習している姿からは元気をもらえます。今後は、より指導力を高めて、子どもたちや保護者の方々、先生方にも信頼される教員になれるように頑張ります。

仙台市立錦ケ丘小学校 教諭

武田茉里子さん

宮学の教員採用試験の合格率が高いと聞いていたので、どんな授業をしているのかなと興味をもち、入学しました。 大学の魅力は、なんといっても5 ~6階の教室から仙台の街並みを一望できるところ。 天気が良い日は特に美しく、今日も頑張ろう!と活力が湧きました。
小学校の学級担任は、いつも同じ仕事の流れではないところがとても楽しいです。子どもたちが笑顔で「先生また明日ね!」と帰っていく姿を見ると、この仕事に就いて幸せだなと感じます。

宮城教育大学附属小学校 教諭

宮澤莉奈さん

宮城学院女子大学では、教科の指導法や学級経営のことなど、教諭になるために幅広く学びました。学科は少人数だったので、先生方の手厚い指導をいただけることが魅力です。悩んだり迷ったりした時は、じっくり話を聞いて頂けました。授業はもちろんですが、発達障害を持った子どもたちと関わるボランティア活動にも力を入れましたね。子どもたちとの関わり方や声がけの仕方は、とても勉強になりました。
学びを活かし、現在は小学校3年生の担任をしています。研究教科は音楽です。子どもたちの成長を近くで見られることにやりがいを感じています。今後も、子どもたちの成長のきっかけに少しでもなれたらいいなと思っています。
学生のうちに、やりたいことは積極的に取り組み、さまざまな人や物事から多くのことを吸収してください。すぐには役立たなくても、「やっておいてよかった」と思う時が必ず来ます。