オープンキャンパス開催レポートを公開中!

生活文化デザイン学科

生活文化デザイン学科

生活文化デザイン学科

生活文化デザイン学科

生活文化デザイン学科

「環境・文化・社会」の視点から次世代のライフスタイルをデザイン

※学芸学部生活文化デザイン学科は2016年度より生活科学部に改組・再編されました。

生活文化デザイン学科がめざすこと

「環境」「文化」「社会」の視点から生活全般を総合的にとらえ、次世代社会に求められる生活をデザイン=提案する力を育てます。実績ある家庭科教員養成と、人間への深い理解を持つ建築士の育成が特色です。

一緒に学びませんか?先生からのメッセージ

新学部・学科設置委員会 大久保尚子 教授(服飾史・服飾美学)
日常の暮らし、特別な出来事、その積み重ねの人生。一人ひとりの生活は、環境、社会、文化の一部でもあり、前後の世代ともつながっています。実は奥が深い「生活」の問題を、生活文化デザイン学科で建築・インテリアや服飾、ライフコースや家族、経済などの切り口から学び、視野を広げながら「自身の専門」を深めていってください。

新学部・学科設置委員会 大久保尚子 教授(服飾史・服飾美学)

3つのポイント

●2つの科目群のいずれかを中心に、各自の進路にあわせ、多様な科目の選択履修が可能●環境、文化、社会など多角的な視点から、生活とデザインに関する知識を深める●建築・インテリア関連や生活関連企業、教員、公務員など、幅広い進路

学びの紹介

■学びの柱となる2つの科目群

<生活文化系科目群>
家族・ライフコースと社会、消費・流通・マーケティング、服飾、生活情報を伝えるビジュアルデザイン等の分野を用意しています。演習や実習も含め、実践的な思考力を養います。生活者に視点を置き、暮らしに関する知識、物、サービスを提供する仕事につながる学びです。

<建築・インテリアデザイン系科目群>
住居や各種建築を中心に、生活・環境デザインへの知識や技術を深めていきます。生活や空間利用など、ソフト面を重視したカリキュラムが特色です。デザイン演習(建築・インテリア)Ⅰ~Ⅳをはじめ、一級・二級建築士をめざすことができ、建築・インテリアの専門職につながる学びです。

■専門基礎科目 各分野の基礎的な知識と手法、多角的視点を養う科目群

<理論科目1・2 年次>
各分野の基礎的知識を幅広く学ぶ講義のほか、キャリアデザインⅠ~Ⅲを用意し、学科の学びを活かすキャリア教育の充実を図っています。

<実践科目>
情報処理やデザインソフト利用の基礎技法習得とあわせ、生活に関する複合的課題への具体的なアプローチ手法、多角的視点を身につけます。

■専門資格の実力を養う科目群

<教職関連科目>
食物分野の講義・実習、家庭ケア論など、家庭科教員をめざします。