ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

卒業生の声 ※所属は取材時のものです

お客様の気持ちに寄り添い、より良い暮らしのサポートを。

中里 乃々子さん(仙南信用金庫 本店営業部)

お客様を最初にお迎えする窓口でテラー業務を担当し、入出金やお振込、住所氏名の変更、通帳の再発行など各種手続きを行っています。心掛けているのは、お客様の気持ちに寄り添うこと。 気持ちを読み取ることは簡単ではありませんが、お客様の気持ちを考えて行動することは、心掛けひとつでできることです。この行動は、心理行動科学科での学びが活きています。
心理学は、人を元気にしたり、暮らしをより良いものにしたりと、日常生活に欠かせないものであることを学びました。挑戦したいことができた時、いつも近くでサポート・応援してくださるのは先生方でした。本当に心強く、何事にも積極的に挑戦できました。
今後の目標は、お客様はもちろん、先輩や後輩、上司からも信頼を寄せていただける職員になることです。宮城学院女子大学での学びを大切にしながら、何事にも積極的に挑戦していきます。

先生や就職担当の方がいつも親身に相談にのってくれました。

小山 紋奈さん(医療法人社団進興会せんだい総合健診クリニック 経理給与課)

健康診断を専門に扱うクリニックで、健康保険組合や事業所に請求書を作成・発送する業務を行っています。女性がたくさん働いていることもあり、とても働きやすい職場です。周りには長く働いている先輩が多く、家庭を持ってからも続けていける仕事だと感じています。就職活動をしているときは、キャリア支援センタ ーの方が親身になって相談にのってくれました。一人ひとり手厚くサポートしてくれるので、安心して就識活動ができました。
心理行動科学科では座学だけでなく、実際に体験したりフィ ールドワ ー クを行ったりしながら、心理学についての理解を深めることができました。印象に残っているのは、大学祭での学科としての発表、催しです。心理学が身近なものだと感じてもらえるように工夫しながら、ウソ発見器や錯視の発表をした結果、来場者の投票で1位をとることができました。気になることにどんどんチャレンジできるのが、宮城学院女子大学の魅力です。ミヤガク生の一員になって、充実した大学生活を送ってください。

多角的な視点でとらえ仕事に活かす

大宮 木綿子さん(新日鐵住金株式会社 東北支店 建材室)

鉄鋼メーカーの営業事務として「鉄を売る」仕事をしています。営業のパートナーとして、製品の注文処理や納期管理をするのが主な業務です。お客様の要望に合う製品を、欲しいタイミングに合わせて用意できるよう、社内外の関係者と調整しながら管理しています。 私が担当する商品は、建物の基礎や橋りょう、海や河川の防潮堤・堤防の工事に利用されます。震災復興に関する案件が多いので、現場の確認をするたびに、復興の一翼を担っていると実感でき、とてもやりがいを感じています。鉄は生活の身近にあり、生活の基盤を支えているということが、この仕事の魅力だと思います。 心理行動科学科では、人の行動を科学的に解釈します。認知心理学では、物事を認知する仕組みや特徴を学び、パーソナリティ心理学では、人の個性について学びを深めるなど、さまざまな角度から人の心について研究しました。人の心を多様な角度で学んだことから、社内外の関係者とのコミュニケーションはもちろん、後輩の教育、業務改善提案など、さまざまな場面で役に立っています。

心理学でお客様の信頼と笑顔を

黄川田 有華さん(クリナップ株式会社東北支店 仙台ショールーム)

ショールームにご来場いただいたお客様に、システムキッチンやバスルーム、洗面化粧台などをご紹介しています。ご要望をお聞きし、ニーズに合った商品の提案や見積り作成の業務を行っています。「あなたに接客してもらえてよかった」「今日ここに来て楽しかったわ」とお客様に信頼していただけることにとてもやりがいを感じています。 心理行動特殊講義の授業はとても楽しく、心の動きを客観的に見るパーソナリティ心理学は積極的に学びました。相手の心を目に見える行動で推測することは、とても奥深く、実践的な授業もあったので、多くを学ぶことができ、現在の仕事にとても役立っています。いかにお客様のニーズに合う話ができるか、満足いただけるかを考えて仕事をしています。相手の話を積極的に聞くことで、心を汲み取れるよう日々意識しながら働いています。

ホーム心理行動科学科 > 卒業生の声