卒業生の声

※所属は取材時のものです

東北電力ネットワーク株式会社

伊藤優里香さん

在学中は、企業との商品開発や観光プランコンテストへの挑戦、地域活性化へ向けた現地調査など社会と関わる機会が多く、すべての経験が今の自分の財産になっています。
現在は主に総務の仕事を担当しており、事務作業や環境整備のほかにビジネスアイデア創出の業務にも携わっているので、学生時代にさまざまなプランを考えた発想力を活かせていると感じます。
今の時代、どの産業においても「地域とのつながり」が企業の役割として重要なものになっています。大学で学んだ「社会や地域をよく見つめ、よく考える」という意識を持ち続けて、これからも仕事に励みたいと思います。

株式会社河北新報社

堀込祐佳さん

新聞やテレビで見聞きしていた宮原育子先生のゼミナールに入ることを目標に、現代ビジネス学科の一期生として入学しました。大学生活で学んだのは、「相手の立場になって考えること」の大切さ。 仕事も一人で完結できるものは少なく、チームで取り組むことが多いので、この考え方が活かされています。
これまでは大学生にさらに新聞の面白さを知ってもらうため、宮城学院女子大と連携して「ミヤガク新報」を発行したり、就職活動を応援する「就活エール」という企画でYouTubeに出演し、 新聞の活用方法や面接時のポイントを解説したりしています。前例に捉われないさまざまなアプローチ方法を考え、若い世代にも新聞に興味を持ってもらいたいです。