ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

卒業生の声 ※所属は取材時のものです

チャレンジが将来の糧に。実践的な学びを仕事で活かしています。

遠藤 愛実さん(色麻町教育委員会社会教育課兼公民館)

色麻町役場に入庁し、教育委員会部局の社会教育課兼公民館で、体験学習や生きがいづくりなど、町民の方々に学びの機会を提供しています。主に、未就学児~小学生の情操教育、小学生対象の体験教室やジュニア・リーダーの育成、図書教育などを担当しています。 「楽しかった」「とてもよかった」との言葉をいただくと、やりがいを感じます。また、所属課では文化財を扱っており、資料室の展示などの補助としても携わっています。
大学では、西洋美術史・日本美術史のゼミや学芸員課程を履修し、作品を実際に見る大切さや、学芸員としての実践的な知識を学びました。宮城学院女子大学は、さまざまなチャレンジができ、多くのことを学べます。そこで得たものは、今後の大きな助けや糧になります。ぜひ充実したキャンパスライフを送ってください。

作品と静かに向き合い、展示をつくり上げるのがやりがいです。

阿部 沙斗加さん(塩竈市杉村惇美術館 学芸員)

塩竈市にある美術館で学芸員として、洋画家・杉村淳画伯の重厚な泊彩画や若手作家のみずみずしいアート作品を展示、紹介する仕事をしています。作家と話し合いながら、より良い展覧会をめざし展示室を構成していく時間は、とても有意義です。 また、展示室で一人作品と静かに向き合うことも、とても贅沢で、好きな時闇のひとつです。作家本人や作品を通して、作品と真摯に向き合う作家の思いに触れられることは、この仕事のやりがいであり大きな魅力のひとつです。 作家が作品に込めた思いが、展覧会を浬じて鑑賞者の心の琴線に触れる機会をつくりたいと考えています。
大学時代は、多くの可能性に満ちています。自分の学びたい分野をより専門的にしっかり学び、伺じ志をもつ仲間に出会えるのもこの時期です。宮城学院女子大学で過さす日々のなかで、ぜひとことん夢中になれるものを見つけて有意義な時間を過ごして欲しいと思います。

大学で学んだことが、現場で役立っています

佐々木結恵さん(宮城県公文書館)

宮城県公文書館 佐々木結恵さん

オープンキャンパスで先生方と実際にお話し、充実した学芸員課程に魅力を感じ、一番好きな教科でもあった歴史学を学びたいという思いが強くなり、人間文化学科を選びました。 ふだんの講義だけではなく、アルバイトやボランティア活動、チア・リーデイングなどのサークル活動もしており、毎日、充実した学校生活を送っていました。学芸員課程やゼミで懸命に学んできたことが、今の現場ではすぐに役立ち、それにとても助けられています。宮城学院では様々な学びを得ることができます。無我夢中になれることを見つけて充実したキャンパスライフを送ってください。

業界職種研究セミナーで志望企業を絞り込みました

三好祐里佳さん(三井不動産リアルティ株式会社)

三井不動産リアルティ株式会社 三好祐里佳さん

就職活動を振り返ってみて、積極的に行動すること、疑問に感じたことは必ず聞くことが大切だと実感しています。そんななかで参考になったのが、業界職種研究セミナーです。さまざまな業界のプラス面マイナス面を詳細に教えていただくことができ、偏見を持つことなく志望企業を絞り込んでいくことができました。本学では他にもさまざまなサポートが受けられ、やる気次第で大きく成長できます。このような環境を与えられたことも、内定を得られた要因だと思っています。

ホーム人間文化学科 > 卒業生の声