ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

人間文化学科カリキュラム

1年次、2年次で人間文化学の土台をつくり、3年次、4年次には、歴史文化コース・国際文化コースの系列を選択し、3年次の演習でより本格的に学び、4年次の卒業論文で、人間文化学科で学んだことの総仕上げをします。

<歴史文化コース>
歴史文化コースでは、日本史、西洋史、東洋史、美術史、女性史、哲学、考古学、民俗学等の講義科目が開講されています。また演習は日本史、西洋史、美術史という担当教員の専門分野に沿った形で開講されており、それぞれの演習で卒業論文を書くことができます。セミナー科目では、外国語以外に、日本史の史料、美術資料の講読があり、選択して受講することができます。

<国際文化コース>
国際文化コースの対象地域は、東アジア、南アジア、東南アジア、ヨーロッパ(西欧・東欧・北欧・南欧)の地域であり、南アジア、東南アジア、ヨーロッパについては、卒業論文、演習、講義、セミナー科目の諸科目が開講されています。担当教員の専門分野は、地域を単位として、国際政治学、文化人類学、地域研究などの多方面にわたり、グローバルな視点で、学生の多様な関心に応える体制を整えています。

人間文化学科 学びの概念図

人間文化学科 学びの概念図

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ

卒業するためには、上記の学科専門科目(必修科目と選択科目の両方があります)を履修する他、所定の一般教育科目を履修して、合計124単位を取得する必要があります。また 各種資格を取得するためには 上記科目以外の諸科目も履修する必要があります。

履修モデル

履修モデル

ホーム人間文化学科 > 人間文化学科カリキュラム