オープンキャンパス開催レポートを公開中!

食品栄養学科

食品栄養学科

食品栄養学科

食品栄養学科

食品栄養学科

管理栄養士や栄養教諭など食と健康のスペシャリストを養成

※学芸学部食品栄養学科は2016年度より生活科学部に改組・再編されました。
なお、現食品栄養学科の養護教諭養成課程は新設の教育学部教育学科健康教育専攻に移行しました。

食品栄養学科がめざすこと

栄養や食育への注目が集まる現在、「食」と「健康」に対する社会のニーズは、ますます高まってきています。この学科では“食と健康のスペシャリスト”とも言うべき管理栄養士や栄養教諭などを養成します。

一緒に学びませんか?先生からのメッセージ

生活科学部食品栄養学科 鎌田由香 准教授(臨床栄養学)
メタボリックシンドロームや介護予防の食支援、子どもの食育やチーム医療など、栄養への関心が高まるなか、管理栄養士が活躍するフィールドは広く、社会から寄せられる期待も大きくなっています。本学科では、社会で今、生じている栄養の問題を解決できる管理栄養士を養成するとともに、学外組織との連携による実践的教育に取り組んでいます。

教育学部準備委員会 中込雄治 教授(算数・数学教育、教育方法)

3つのポイント

●管理栄養士として活躍するための資質が身につく●専門分野の授業、臨地実習を通して確かな実力を養成●現場で活躍するスペシャリストを講師に迎えた授業

学びの紹介

<専門基礎分野>
社会・環境と健康、人体の構造と機能および疾病の成り立ち、食べ物と健康について学習。食や健康に関する基礎的な知識を身につけ、管理栄養士養成のための基礎をつくります。

<専門分野>
基礎栄養学、応用栄養学に加えて実践系の科目群を詳細に学び、臨地実習を経て生きた知識を修得。この分野は即戦力となる上での重要な意味を持つので、実験・実習を重視したカリキュラム構成となっています。

<関連科目>
①「学校栄養教育概論」「学校栄養教育指導論」を配置して、栄養教諭の養成もめざしています。 ②「食品機能学」「食品開発論」「食品物性学」などを配置し、将来食品企業での商品開発や営業をめざす学生に対して、より専門的な学びの場を設けています。