オープンキャンパス開催レポートを公開中!

教育学部教育学科 健康教育専攻

教育学部教育学科 健康教育専攻

教育学部教育学科 健康教育専攻

乳幼児の発達を総合的に理解・実践できるスペシャリストを養成

教育学科 幼児教育専攻がめざすこと

子どもの発育・発達を支援でき、幅広い「教養」と「専門」を学んで子どもや保護者、社会のニーズに応え、子どもの健康課題に対する状況を理解し、理論的かつ柔軟な支援ができる「健康」「スポーツ・体育」の専門家を育てます。

一緒に学びませんか?先生からのメッセージ

教育学部 戸野塚厚子 教授(教育学)
本学では、これまで食品栄養学科の養護教諭養成課程として多くの優秀な養護教諭を育ててきました。今回、新たに教育学科に課程を移し、これまで以上に学校教育全体を深く理解し、子どもの多様な健康課題に寄り添う養護教諭の養成をめざしていきます。また、スポーツ・体育の課程も併設し、より総合的な視点から健康教育に取り組む人材を養成します。

小山和彦 教授(作曲・音楽理論)

3つのポイント

●積極的に現場に赴き、子どもの健康課題に協働的に取り組む能力を育成●関連する学問を幅広く学び、多様な視点を養うことで、子どもの健康を多面的に理解●生涯にわたるスポーツとの関わりを支えるキャリア形成を重視

「健康」「スポーツ・体育」の専門家を育てる

①教師としての実践的な知識や技能を理解・修得し、子ども観や教育観を豊かにします。

②子どもの発育・発達や健康諸科学に関する知識・技能を理解・修得します。

③今日の子どもが抱える健康課題の解決に向けて、自立的かつ協働的に働くことができる能力を修得します。

④多様な子どものニーズを把握し、その健康を多面的に理解し育むことができるよう、専攻を超えて幅広く関心のある専門科目を修めることで学際的な視点を養い、専門性をより確固としたものにします。

⑤参加型の少人数授業によって、知識・技能の活用能力や批判的・論理的思考力、課題解決力、表現力、そして、教師としての人間力を育成します。