ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

よくあるQ&A

Q1 人間文化学科とは何を学ぶ学科ですか?

本学科では、人間が広く世界で育んできた歴史や文化・社会について総合的な教養を身に着けることを目的としています。「歴史系」と「グローバル系」という2つの系列がカリキュラムの柱となり、日本や西洋の古代から現在に至る歴史、美術、哲学や、国際政治、文化人類学などの学問体系をもちいてアジア・ヨーロッパの地域研究を学ぶことができます。詳しくは、「学科概要」、「カリキュラム」、「教員紹介」のページをご覧ください。

Q2 外国語を学ぶことはできますか?

勿論です!全学共通の一般教育科目にある、外国語のスキルアップ科目を選択で取れば4年生まで学ぶことができますし、人間文化学科独自の「資料講読」では、英語、フランス語、ドイツ語、中国語を2年生から段階的に学ぶことができます。また、ゼミや海外の実習では、インドのヒンディー語やフィリピンの言語も学ぶことができます。
もし、外国語が苦手でも、年全学共通の一般教育科目の外国語科目は、クラス別に編成されているので、無理なく学べますし、人間文化学科の「資料講読」では、語学だけでなく、日本史や美術史の科目もあります。

Q3 どんな資格が取得できますか?複数の資格が取得可能ですか?

中学教諭の社会科1種免許、高等学校地理・歴史と公民の1種免許.学芸員の資格が取得可能です。中学と高校の地理・歴史と公民の教員免許は、必要とされる科目が重なっていることが多いため、ほとんどの学生が教員免許を取得しています。また、学芸員と教員免許両方を取ることも可能です。その場合は、取得しなければいけない科目が結構多いのでかなり忙しいですが、そういう頑張り屋の学生も毎年少なからずいます。
さらに、個別研修というカリキュラムでは、自主的に学んだ成果や学外での活動(国内外の学校で学ぶ、指定された検定で認定基準となる級に合格するなど)に対し、認定科目として単位を与えます。詳しくは「取得できる資格」のページをご覧ください。

Q4 実習や研修は、どのようなものがありますか?

フィールド実習という科目があり、人間文化学科の全学年の学生を対象に、北海道や奈良・京都などでおこなう国内実習と、インドやフィリピンなどのアジア地域やフランスやドイツなどのヨーロッパ地域でおこなう海外実習があります。単なる観光旅行ではなく、教員の指導のもと、実際に現地に足を運び、自分の目でみて考えることで、視野が広がり、得難い体験を得る機会となります。
また、現地に行く前に、事前にフィールド実習事前指導という授業で、半年間、実習準備をおこない、現地の文化を学んでいくことで、より理解が深まります。詳しくは、「フィールド実習」のページをご覧ください。

Q5 どんなところに就職できますか?

人間文化学科の特色を生かした就職先としては、教育、博物館・美術関係、旅行、交通などがありますが、銀行や小売業、サービス業など、一つの業種に偏らず、多岐に渡っているのが特徴です。本学では1年次からキャリア・デザインの科目があり、手厚い支援をおこなっています。さらに、卒業生から、直接、話をきく就職茶話会や講演会など、学科独自の就職支援も行っています。詳しくは、「就職実績」のページをご覧ください。

ホーム人間文化学科 > よくあるQ&A