オープンキャンパス開催レポートを公開中!

日本語・日本文学専攻

日本語と日本文学をめぐる学問や環境は古くて新しい。国際的に高まる日本語学習の必要性や伝統的な日本文化への高まる関心に対応できる人材が、ますます求められています。
本専攻では日本語と日本文学を中心にした高度な専門性を生かし、また文化や日本語教育をも幅広く視野に入れることのできる人材育成を目指しています。常に未来を志向してことば・文学・文化を学ぶ学生を求めています。

日本語教員養成課程を併設し、時代の要請に応える高度な学識を修得。

現代は交通や情報化の進展によりますます国際化(グローバル化)が進んでいますが、その時代だからこそ、むしろ自文化を十分に理解して、それを基盤として海外に発信し交流する能力がもとめられています。すなわち日本でいえば、日本語や日本文学・日本文化に対する専門知識を有して、国語教育や日本語教育に貢献できる人材、また世界各地での日本への関心に対して豊かな学識で応えられる人材を育成することが、社会的に喫緊の課題となっています。

本専攻では、そうした社会的要請に対応するため、日本古典文学、日本近代文学、日本語学、日本文化学、日本語教育の各分野について、演習と特殊講義の科目を設置しています。
そして各分野の専門性の高いスタッフによる個別的な指導を中心に据え、他分野との連係を図りながら、一人一人の院生の要求に添う専門性の獲得、実践的能力の修得を柔軟に実行している点に、大きな特徴があるといえましょう。


研究指導の他に、院生の課程修了後のことを考えて在学中から、国語教師を目指す学生には教職センターと連携して中学校や高等学校での非常勤講師として、日本語教師を目指す学生には日本語学校での非常勤講師として働けるようにサポートしています。

また国際人として活躍できるように、「日本語教員養成課程」も併設していて、大学院に入学してから、自分の専門分野を研究しながら、新たに日本語教員の資格を取得できるようになっています。

このように日本語・日本文学・日本文化学・日本語教育のそれぞれの分野について、高度な広い研究・教育を提供できる特徴を活かして、本専攻では専門的な人材を育成し、また幅広く社会に貢献する人材を養成することを目的にしています。

【ディプロマポリシー】
本専攻では、日本語と日本文学並びに日本語教育・日本文化学の高度な専門性の獲得を目標としています。そのため、1年次、2年次にわたって特殊講義と演習科目の中から28単位以上を修得します。その中には特殊講義4単位以上、演習4単位以上を含まなければなりませんが、8単位を上限として他専攻の特殊講義、特殊研究を修得することができます。さらに2年次において修士論文演習Ⅰ・Ⅱを受講して合計32単位以上を履修し、修士論文を提出し、論文審査及び最終試験に合格することにより修士の学位が授与されます。

【カリキュラムポリシー】
本専攻は、日本語・日本文学の専門知識を基軸にしていますが、そのほかに日本語教育と日本文化学の科目の充実を図り、多様な学術的要求に対応できるカリキュラムを形成しています。また日本語や日本文学の成立にとって重大な契機である中国文学の専門的学習もできるなど、日本語や日本文学に関わるあらゆる専門的期待に応えうるカリキュラムとなっています。「修士論文」を新設したことでさらにきめ細やかな指導ができる体制となりました。なお本教育課程は、中学校教諭・高等学校教諭専修免許状、及び日本語教育養成課程単位修得単位修得証明書の資格修得に対応しています。

授業科目

日本語学特殊講義Ⅰ・Ⅱ 日本語教育学特殊講義Ⅰ・Ⅱ
日本古典文学特殊講義Ⅰ・Ⅱ 日本文化学特殊講義Ⅰ・Ⅱ
日本近代文学特殊講義Ⅰ・Ⅱ 中国文学特殊講義Ⅰ・Ⅱ
日本語教育学演習Ⅰ・Ⅱ 日本語学演習Ⅰ・Ⅱ
日本古典文学演習Ⅰ・Ⅱ 日本文化学演習Ⅰ・Ⅱ
日本近代文学演習Ⅰ・Ⅱ 修士論文演習Ⅰ・Ⅱ

修士論文科目

・『若菜集』論 ―近代詩の夜明け―
・ 『おくのほそ道』の研究
・ 中国語母語話者を対象とした日本語音声教育に関する一研究
・ 日本語教育における縮約形の指導に関する一考察
・ 『枕草子』和歌の研究 ―その性格と特色、意味について―
・ 宮沢賢治のオノマトペ研究 ―童話作品を中心に―
・ 古代日本文学にあらわれる「縁」―『日本霊異記』を中心として―
・ 副詞研究 ―「学校文法」副詞の扱いについて―
・ 『源氏物語』の韓国語訳について―「桐壺」巻を中心に―
・ 室生犀星の研究 ―『愛の詩集』を中心に―
・ 『それから』考
・ 玉鬘と植物 ―植物の働きから見る玉鬘十帖の意義―
・ 見られる光源氏 ―人物像の形成―
・ 宮沢賢治童話の考察 ―「なめとこ山の熊」を中心に―
・ 上代文学における「色」
・ 炭太祇の研究 古代文学における禁忌
・ 古代日本の「天」観念
・ 海外における日本語学習者のためのインタビュープロジェクトによる日本語教育 ―韓国大眞大学校の授業ケースから―
・ 日本語学習者のスタイルの切り換えの習得と要因についての一考察
・ 日本語教育におけるオノマトペ指導について
・ 『永日小品』論
・ 室生犀星における魚のイメージ

教員一覧

伊狩 弘(日本文学 近代文学)more
九里 順子(日本文学 近代文学)more
深澤 昌夫(日本文学 近世文学)more
澤邉 裕子(日本語教育学) more

取得可能な免許状の種類

中学校教諭専修免許状(国語)
高等学校教諭専修免許状(国語)
※日本語教員養成課程を設置しています。

修了生の声

大慶師範大学
日本語教師
于 楊さん

私は中国の遼寧師範大学大学院で日本語学を専攻し、いつか日本で学びたいと思い続けていました。その思いが叶い、2010年4月に宮城学院女子大学大学院へ留学することができました。当初はまだ、自然な日本語での交流がうまくいきませんでしたが帰国後。日本人の友人たちにも日本語が上手になったと褒められ、留学を通し言葉遣いがより自然になったと感じています。
日本の文化と社会を自分の目で見ることは、読書で知る知識より何倍も日本への理解を深めることであり、リアルな日本を肌で感じることで、自分の世界が広まりました。宮城学院での日本語教育実習など貴重な経験を活かし、私は大慶師範大学の日本語教師になることができました。
これから、宮城学院で学んだことを十分に生かして、日本語教師として頑張りたいと思っています。宮城学院の皆様に出会えて本当によかったです。

ホーム大学院 > 日本語・日本文学専攻