ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

日本語・日本文学専攻

私たちは、言葉によって考え、コミュニケーションを図り、世界を拓いていきます。
本専攻では、日本語と日本文学の研究という、言葉と表現を巡る本質的な探究を通して、深い思考力を養い、高度な専門知識を生かして社会で真に活躍できる人間の育成を目指しています。広い視野と深い学識の修得を目指して、ことば・文学・文化の研究に取り組む学生を求めています。

すぐれた言葉の遣い手は世界を拓きます

現代は、フェイクニュースということばに象徴されるように、既存の価値体系が崩れ、情報の海の中に放り出されているような時代です。そのような状況下では、主体的に生きていく力が改めて求められます。それは、日々更新される情報を追いかけるのではなく、人間の活動の根底にある言葉に思索の錨を降ろすことで得られるものです。現象に流されない本質的な思考力が、真に生きる力、社会に多様な活躍の場を作る力を拓きます。
日本語と日本文学を巡る歴史と学問は、人がその時代の中でどのように意思を通わせ自分を形成し、新たな表現や観念を生み出し、創造的な世界を作っていったかを教えてくれます。日本語と日本文学を通して得る生の豊かさを伝え、発信することで、世界の見え方が変わってくる。それは、この社会の人々の生きやすさを手助けすることでもあります。

本専攻では、そうした役割を担うために、日本古典文学、日本近代文学、日本語学、日本文化学、日本語教育の各分野について、演習と特殊講義の科目を設置しています。各分野で活躍する研究者による個別的な指導を中心に据え、各分野との連携を図りつつ、一人一人の院生のテーマに添って、丁寧な個別指導を行っています。
研究指導の他、院生の課程修了後のことを考えて、国語教師を目指す学生には教職センターと連携して中学校・高等学校での非常勤講師として、日本語教師を目指す学生には日本語学校での非常勤講師として働けるようにサポートしています。また、仙台市は2018年度採用選考から「名簿登載猶予」という制度を始めました。これは仙台市の教員採用試験に合格後、大学院の課程を修了し専修免許を取得するまで、猶予されるというものです。つまり、採用予定の身分を保障された上で研究を深め、より専門的な専修免許を取得できるという制度です。現在も、この制度を活用して1名が学んでいます。因みに宮城県では2015年度からこの制度がスタートしています。
このように、日本語・日本文学・日本文化学・日本語教育それぞれの分野について、高度な広い研究・教育を提供できる環境の下で、専門的な知識と教養によって明日の社会の良き担い手となる人間の養成を目指しています。

【アドミッションポリシー】
日本文化の根幹である日本語と日本文学について深く学び、学問的態度でそれらの本質をきわめようとする意欲的な学生を求めます。
また、国内外の日本語学習者の増加に対応するために、日本語教育学を幅広く学ぼうという学生を待っています。

【ディプロマポリシー】
人文科学研究科の定める期間在学し、研究科が教育と研究の理念や目的に沿って設定した授業科目を履修して修了に必要な単位数以上を修得した者、かつ、研究指導を受けて修士論文を作成し、論文審査及び最終試験によって以下の学修成果が確認できた者に修士の学位を授与します。
①日本語学、日本文学、日本文化学または日本語教育学に関する幅広い視野と専門的な知識を有している者
②日本語学、日本文学、日本文化学または日本語教育学に関する専門的な研究課題について学術的に価値のある知見に到達し、斯学に貢献すると認められる者
③日本語学、日本文学、日本文化学または日本語教育学における専門的職業人として必要な知識、技能、意識を有している者

【カリキュラムポリシー】
本専攻は、日本語・日本文学の専門知識を基軸とし日本語教育学や日本文化学また日本語や日本文学の成立にとって重大な契機である中国文学の専門的学習もできるなど、日本語や日本文学に関わるあらゆる専門的期待に応えうるカリキュラムとなっています。なお本教育課程は、中学校教諭・高等学校教諭専修免許状、及び日本語教育養成課程単位修得証明書の資格修得に対応しています。

授業科目

日本語学特殊講義Ⅰ・Ⅱ 日本語教育学特殊講義Ⅰ・Ⅱ
日本古典文学特殊講義Ⅰ・Ⅱ 日本文化学特殊講義Ⅰ・Ⅱ
日本近代文学特殊講義Ⅰ・Ⅱ 中国文学特殊講義Ⅰ・Ⅱ
日本語教育学演習Ⅰ・Ⅱ 日本語学演習Ⅰ・Ⅱ
日本古典文学演習Ⅰ・Ⅱ 日本文化学演習Ⅰ・Ⅱ
日本近代文学演習Ⅰ・Ⅱ 修士論文演習Ⅰ・Ⅱ

修士論文紹介

・『若菜集』論 ―近代詩の夜明け―
・『おくのほそ道』の研究
・中国語母語話者を対象とした日本語音声教育に関する一研究
・日本語教育における縮約形の指導に関する一考察
・『枕草子』和歌の研究 ―その性格と特色、意味について―
・宮沢賢治のオノマトペ研究 ―童話作品を中心に―
・古代日本文学にあらわれる「縁」―『日本霊異記』を中心として―
・副詞研究 ―「学校文法」副詞の扱いについて―
・『源氏物語』の韓国語訳について―「桐壺」巻を中心に―
・室生犀星の研究 ―『愛の詩集』を中心に―
・『それから』考
・玉鬘と植物 ―植物の働きから見る玉鬘十帖の意義―
・見られる光源氏 ―人物像の形成―
・宮沢賢治童話の考察 ―「なめとこ山の熊」を中心に―
・上代文学における「色」
・炭太祇の研究 古代文学における禁忌
・古代日本の「天」観念
・海外における日本語学習者のためのインタビュープロジェクトによる日本語教育 ―韓国大眞大学校の授業ケースから―
・日本語学習者のスタイルの切り換えの習得と要因についての一考察
・日本語教育におけるオノマトペ指導について
・『永日小品』論
・室生犀星における魚のイメージ

教員一覧

伊狩 弘(日本文学 近代文学)more
九里 順子(日本文学 近代文学)more
深澤 昌夫(日本文学 近世文学)more
澤邉 裕子(日本語教育学)more
李 敬淑(日本大衆文化論)more

取得可能な免許状の種類

中学校教諭専修免許状(国語)
高等学校教諭専修免許状(国語)
※日本語教員養成課程を設置しています。

修了後の進路例

大学教員、高等専門学校教員、高等学校国語教諭、中学国語科教諭、司書、学芸員、大学事務職員、公務員、一般企業

修了生の声

福島県立修明高等学校
司書
鷲尾 日香里さん

学部卒業後、近代文学を更に専門的に学びたいと考えて日本文学専攻へ進学し、室生犀星作品について研究しました。大学院では関心のある分野を思いきり学べる充実感と同時に、自分の力不足を痛感することも多々ありましたが、少人数ならではの細やかな指導とサポートをいただき、また同専攻の院生との交流にも助けられ、修了することができました。
修了後は宮城県図書館で非常勤職員として勤務した後、福島県の司書採用試験に合格し、現在は福島県内の高校で学校司書として勤務しています。現任校には「司書」に初めて会ったという生徒も多く、よく「本のこと何でも知らないと司書になれないんでしょ?」と声をかけられるのですが、そんなときは今「知っている」ことより「知りたい」と思う気持ちとどう行動するかが大切ですよ、と答えます。それは自分が大学院で実感した姿勢であり、司書として働く上で、また生きる上でも欠かせないことだと考えます。これからも大学院での学びで培ったものを職務に活かし、司書として成長していきたいと思っています。


学校法人香川学園
メロス言語学院日本語教師
栃丸 華緒

私が大学院に進学した理由は、学部卒業後に日本語教師として第一線で働くには、知識も実力も不足していると感じ、更に勉強が必要だと考えたからです。
1年次は、主に学部で勉強したことを掘り下げて、専門的な知識やスキルを学びました。また、日本語教育だけではなく、日本語学や日本文学史なども履修し、日本語の生い立ちや文学にも触れ、更なる教養を深めることができました。
その後は2年間休学し、ベトナムで日本就労を目的とした学習者への日本語教育や教材開発、運営に携わりました。異国の地で得た様々な体験や学生との思い出は、今となっても大切な宝物です。
大学院復学後は、ベトナムで収集したデータをもとに、修士論文の執筆に励みました。論文の執筆は、簡単なことではありませんでしたが、ベトナムで得た経験を論文として残せることは幸せなことであり、充実した日々でした。このような経験ができたのも、宮城学院の先生方のご理解とご支援があったからこそだと思っています。
現在は、東京にある日本語学校で専任教師として働いています。日本語教育推進法が施行され、日本語教育が大きく変わりつつある今、学部・修士時代で学んだことがどれだけ大切であったのか身に染みて感じております。教える立場でありながらも自らも学ぶ姿勢を忘れず、今後も邁進していきたいです。

ホーム大学院 > 日本語・日本文学専攻