オープンキャンパス開催レポートを公開中!

人間文化学専攻

本専攻の目的は、歴史や社会そしてそこにおける人間活動について認識を広げ、新たな文化創造の担い手を育成することにあります。カリキュラムは、伝統的な人文科学と社会科学とを前提としつつも、既存の学問の枠組みを越えて、幅広い領域の履修が可能になるように構成されています。このことを踏まえ、次のような研究分野に強い関心を持ち、より専門的視点から取り組もうとする意欲のある学生を希求します。

<人間系>哲学、宗教学、言語学、心理学などをふまえて、文化の基礎としての人間のあり方について総合的・学際的に追究します。
<歴史系>歴史学や美術史学などを通して人間文化の総合的・学際的把握を目指します。
<社会的>社会学、地理学、経済学などを中心に広く社会科学の諸問題について理解を求めます。

人間の営みからそのあり方を理解し、新たな文化を創造する人材を育成。

今日の「時代」や「社会」は錯綜をきわめ、その特質を一言で表現することは困難なほどです。その中での「人間」の営みもまた同様だといえましょう。どのような問題も、これを俎上にのせて分析しようとするとき、その歴史的、社会的な網の目を意識せざるを得ません。人々の意思や行為はそうした種々の事情が負荷されたものであることが理解できると思います。従来のカテゴリーに収めることのできない学術分野が要求されているとも言えます。

このような認識のもとで、本専攻では、伝統的な人文科学と社会科学とを前提としつつも、既存の学問の枠組みを越えて、幅広い領域の履修が可能になるよう教育課程が編成されています。すなわち、<人間系>にカテゴライズされる哲学、宗教学、言語学、心理学、<歴史系>の西洋史学、東洋史学、日本史学および東西の美術史学、そして<社会系>の領域である社会学、地理学、経済学などの専門性を深めつつ、領域横断的なカリキュラム構成になっています。


本専攻においては、このように、学問的専門性と領域横断的な学際性とが大きな特徴であると自負しています。

【ディプロマポリシー】
本専攻は、院生の専攻領域から課題に迫るとともに、関連領域の成果も摂取しながら研究課題に取り組むことができる学究環境を用意しています。そうした環境のもとで、学生には、専門および関連領域の教員からの指導を受け、修士論文として研究成果をまとめることを求めています。こうして、所定の単位を修得し、修士論文審査および最終試験に合格することにより修士の学位が授与されます。

【カリキュラムポリシー】
本専攻では、<人間系>、<歴史系>および<社会系>それぞれの講義科目を置くほか、演習に力点を置いたカリキュラム構成をとっています。院生独自の専攻分野だけからでなく、関連領域の方法も学び、より幅広い視野から研究課題に取り組めるよう配慮されています。特に1年生では、「総合セミナー」を必修としていますが、この科目は先の3つの「系」から複数の教員がそれぞれの研究領域を背景として、様々な成果を教授することを目的としています。演習科目は専任教員すべてが開講し、院生は複数の演習の受講が可能です。

授業科目

総合セミナーⅠ・Ⅱ 心理学特殊講義Ⅰ・Ⅱ
社会歴史論特殊講義Ⅰ・Ⅱ 現代社会論特殊講義Ⅰ・Ⅱ
地域文化史論特殊講義Ⅰ・Ⅱ 人間基礎論演習Ⅰ・Ⅱ
歴史文化論演習Ⅰ・Ⅱ 社会文化論演習Ⅰ・Ⅱ
修士論文演習Ⅰ・Ⅱ 特殊研究(社会言語学)Ⅰ・Ⅱ
特殊研究(史料購読)Ⅰ・Ⅱ 特殊研究(宗教学)Ⅰ・Ⅱ
特殊研究(ヨーロッパ政治史)Ⅰ・Ⅱ  

修士論文科目

・一つのことに熱中する心理
・凹凸反転の見えについて
・浮世絵の風景表現
・情緒刺激がバウム描画に与える影響
・劣等感とその克服について
・山形県温海町方言の言語地理学的研究
・心理実験と心理検査の関連性の検討
・学校資料の歴史史料化に関する基礎的考察
・「卑屈さ」と自己卑下呈示、精神的健康の関連について
・「甘え」と特性罪悪感がPTSR/PTSDに与える影響について
・近世期蝦夷地における煎海鼠の生産・交易・統制

 

教員一覧

井上 研一郎(日本美術史) more
大平 聡(日本古代史)more
高橋 英博(社会学)more
田中 史郎(経済学)more
大橋 智樹(産業・経営心理学)more
志村 文隆(社会言語学)more
土屋 純(地理学)more
工藤 敏巳(スポーツ心理学)more
菊池 勇夫(日本史学)more
佐々木 隆之(聴覚・音楽心理学)more
森 雅彦(西洋美術史)more
新免 貢(宗教学)more
木野 和代(感情心理学)more
小羽田 誠治(東洋史)more
友野 隆成(パーソナリティ心理学)more
越門 勝彦(哲学) more
足立 智昭(乳幼児心理学) more
櫻井 美幸(西洋史学・ドイツ中近世代史) more

取得可能な免許状の種類

中学校教諭専修免許状(社会)
高等学校教諭専修免許状(地理・歴史)
高等学校教諭専修免許状(公民)
臨床発達心理士受験資格
※日本語教員養成課程を設置しています。

修了生の声

株式会社NTTデータ東北
鈴木 陽子さん

国際文化学科を卒業後、アジア・太平洋戦争期の日本を歴史的に学びたいという思いから人間文化学専攻へ進学を決め、大平ゼミに所属し学と勤労動員について研究しました。歴史の渦に翻弄された方の声を求め、県内、隣県で2年間、延べ数十回の聞き取り調査を行いました。直にお話を伺う経験は、現在の社会人生活に大いに活かされています。本学を終了後、(株)NTTデータ東北に入社し、SEとしてシステム開発に携わっています。先日震災により崩壊の危機にある建物からサーバー類を移転し復元する作業を行いました。私にとっては初対面のお客様でしたが、大学院時代に培ったコミュニケーション能力を活かし、すぐに名前と顔を覚えていただくことができました。
人間文化学専攻では、自分の専門分野に留まらず幅広いリレーションを築く経験ができるため、コミュニケーション能力が高まり、視野も大きく広がります。

ホーム大学院 > 人間文化学専攻