ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

人間文化学専攻

本専攻の目的は、歴史や社会そしてそこにおける人間活動について認識を広げ、新たな文化創造の担い手を育成することにあります。カリキュラムは、伝統的な人文科学と社会科学とを前提としつつも、既存の学問の枠組みを越えて、幅広い領域の履修が可能になるように構成されています。このことを踏まえ、人間系(宗教学・心理学など)、歴史系(歴史学・美術史学など)、社会系(社会学、文化人類学など)の研究分野に強い関心をもち、より専門的視点から深く、また、領域横断的に考究する意欲のある学生を求めます。

人間の営みからそのあり方を理解し
新たな文化を創造する人材を育成

今日の「時代」や「社会」は錯綜をきわめ、その特質を一言で表現することは困難なほどです。その中での「人間」の営みもまた同様だといえましょう。どのような問題も、これを俎上にのせて分析しようとするとき、その歴史的、社会的な網の目を意識せざるを得ません。人々の意思や行為はそうした種々の事情が負荷されたものであることが理解できると思います。従来のカテゴリーに収めることのできない学術分野が要求されているとも言えます。本専攻では、学問的専門性と領域横断的な学際性を兼ね備えたカリキュラムにより、現代社会で求められる新たな文化を創造する人材を育成することを目指しています。


学問的専門性と領域横断的な学際性を
兼ね備えたカリキュラム

このような理念から、本専攻では、伝統的な人文科学と社会科学とを前提としつつも、既存の学問の枠組みを越えて、幅広い領域の履修が可能になるよう教育課程が編成されています。具体的には、以下の通りです。

1.<人間系>の学問を通して、文化の基礎としての人間のあり方について総合的・学際的に追究します。
2.<歴史系>の学問を通して、人間文化の総合的・学際的把握を目指します。
3.<社会系>の学問を通して、人間と社会のあり方についての理論的かつ実証的な研究を深めます。
4.これらの学問領域から、各自の専門分野の専門性を深めつつ、領域横断的にも学んでいきます。

例えば、1年次の「総合セミナー」(必修科目)では、上記3つの系統の学問分野の視点から、「人間・文化」研究にアプローチします。すなわち、各自の専門分野における考え方や研究技法の習得だけではなく、「人間・文化」をテーマに扱う他の研究分野のものの見方、考え方を幅広く身につけることを目指します。これにより総合的視野に立った研究態度を確立するとともに、自らの専門分野における研究にも柔軟に応用する力をつけることができます。

【アドミッションポリシー】
本専攻の目的は、伝統的な学問の意義を踏まえつつ、既存の学問の枠組みを越えて、人類の活動を<人間><歴史><社会>の側面から探究する担い手を育成することにあります。
それ故、哲学、宗教学、言語学、心理学などの<人間系>、西洋史学、東洋史学、日本史学および東西の美術史学などの<歴史系>、そして、社会学、地理学、経済学などの<社会系>、さらにそれらを領域横断的に考究しようと志す人材を期待します。

【ディプロマポリシー】
人文科学研究科の定める期間在学し、研究科が教育と研究の理念や目的に沿って設定した授業科目を履修して修了に必要な単位数以上を修得した者、かつ、研究指導を受けて修士論文を作成し、論文審査及び最終試験によって以下の学修成果が確認できた者に修士の学位を授与します。
①各自の専門分野を中心とした人間文化学全般に関する幅広い視野と専門的な知識を有している者
②各自の専門分野を中心とした人間文化学全般に関する専門的な研究課題について学術的に価値のある知見に到達している者
③各自の専門分野を中心とした人間文化学全般における専門的職業人として必要な知識・技能・意識を有している者

【カリキュラムポリシー】
本専攻では、<人間系>、<歴史系>および<社会系>それぞれの講義科目を置くほか、演習に力点を置いたカリキュラム構成をとっています。院生独自の専攻分野だけからでなく、関連領域の方法も学び、より幅広い視野から研究課題に取り組めるよう配慮されています。特に1年生では、「総合セミナー」を必修としていますが、この科目は先の3つの「系」から複数の教員がそれぞれの研究領域を背景として、様々な成果を教授することを目的としています。演習科目は専任教員すべてが開講し、院生は複数の演習の受講が可能です。

授業科目

総合セミナーⅠ・Ⅱ 心理学特殊講義Ⅰ・Ⅱ
社会歴史論特殊講義Ⅰ・Ⅱ 現代社会論特殊講義Ⅰ・Ⅱ
地域文化史論特殊講義Ⅰ・Ⅱ 人間基礎論演習Ⅰ・Ⅱ
歴史文化論演習Ⅰ・Ⅱ 社会文化論演習Ⅰ・Ⅱ
修士論文演習Ⅰ・Ⅱ 特殊研究(社会言語学)Ⅰ・Ⅱ
特殊研究(史料購読)Ⅰ・Ⅱ 特殊研究(宗教学)Ⅰ・Ⅱ
特殊研究(ヨーロッパ政治史)Ⅰ・Ⅱ  

修士論文紹介

・野外保育による幼児のストレス軽減効果に関する研究
・原発事故が子育て世代に与えた影響
・内発型地域振興への挑戦
・青年期女子の両親に対するイメージと精神的健康について
・PTSD/抑うつ傾向と自己開示との関連の検討―東日本大震災から4年半時点での被災大学生を対象として―
・青年期における自閉症スペクトラム傾向と自尊感情について
・何故ハトシェプストは長期にわたって統治することが出来たのか
・新聞記事テキストマイニングに基づく災害・防災観の分析
・幼児期の子育て支援事業の多様性とその比較~未就園児親子支援事業の実践を通して~
・学校資料の歴史史料化に関する基礎的考察
・「卑屈さ」と自己卑下呈示、精神的健康の関連について
・「甘え」と特性罪悪感がPTSR/PTSDに与える影響について
・近世期蝦夷地における煎海鼠の生産・交易・統制
・一つのことに熱中する心理
・凹凸反転の見えについて
・浮世絵の風景表現
・情緒刺激がバウム描画に与える影響
・劣等感とその克服について
・山形県温海町方言の言語地理学的研究
・心理実験と心理検査の関連性の検討

教員一覧

足立 智昭(発達臨床心理学) more
大橋 智樹(経営心理学)more
大平 聡(日本古代史)more
木野 和代(感情心理学)more
工藤 敏巳(スポーツ心理学)more
小羽田 誠治(東洋史)more
櫻井 美幸(西洋史学・ドイツ中近世代史) more
佐々木 隆之(音楽認知心理学)more
志村 文隆(日本語学・方言学)more
新免 貢(宗教学)more
高橋 英博(社会学)more
友野 隆成(パーソナリティ心理学)more
八木 祐子(文化人類学)more

取得可能な免許状の種類

中学校教諭専修免許状(社会)
高等学校教諭専修免許状(地理・歴史)
高等学校教諭専修免許状(公民)
※日本語教員養成課程を設置しています。

修了後の進路例

博物館・学芸員、公文書館・アーキビスト、教育委員会市史編纂室・事務職、障害児福祉サービス施設・心理職、保育士、大学・教務職員、一般企業・システムエンジニア、など

修了生の声

仙台市博物館
学芸員
小田嶋 なつみさん

人間文化学科を卒業後、人間文化学専攻に進学しました。
大学院では平安から鎌倉時代の絵巻について研究しました。修士論文は、≪吉備大臣入唐絵巻≫という絵巻について、日本美術史と日本古代史、両分野での研究成果を活かした考察を行いました。
現在勤務している仙台市博物館では、学芸員として展覧会の企画運営をはじめ、資料の管理収集から調査研究など、様々な業務を行っています。学芸員は「ひと」の文化を扱う仕事のため、歴史や文化に対する豊富な知識が必要です。そしてそれ以上に、豊かな人間性が何より大切だと思っています。
私の場合これらの素養は、大学から大学院時代に養ったような気がします。熱意を持って一心に取り組んだ研究や調査の経験、その先に見えた新しい景色。当時の体験の一つひとつが、今の私を形づくる基本の核になっています。
追い求める気持ちさえあれば、いつまででも新しい世界を見ることができます!どうぞ探究心を強く持ち、たくさんのことに挑戦していってください。皆さんの今後に大いに期待します。

(写真:仙台市博物館の特別展「いつだって猫展」の連携シンポジウムを本学で開催した際に、学芸員としてご講話いただきました)


株式会社NTTデータ東北
鈴木 陽子さん

国際文化学科を卒業後、アジア・太平洋戦争期の日本を歴史的に学びたいという思いから人間文化学専攻へ進学を決め、大平ゼミに所属し学と勤労動員について研究しました。歴史の渦に翻弄された方の声を求め、県内、隣県で2年間、延べ数十回の聞き取り調査を行いました。直にお話を伺う経験は、現在の社会人生活に大いに活かされています。本学を終了後、(株)NTTデータ東北に入社し、SEとしてシステム開発に携わっています。先日震災により崩壊の危機にある建物からサーバー類を移転し復元する作業を行いました。私にとっては初対面のお客様でしたが、大学院時代に培ったコミュニケーション能力を活かし、すぐに名前と顔を覚えていただくことができました。
人間文化学専攻では、自分の専門分野に留まらず幅広いリレーションを築く経験ができるため、コミュニケーション能力が高まり、視野も大きく広がります。

ホーム大学院 > 人間文化学専攻