ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

学内マップ

緑豊かな桜ヶ丘キャンパスでは、季節の花々が敷地内を華麗に彩ります。
一方、建物はレンガ造りで統一されており、生命力にあふれた自然の「緑」とあたたかさに満ちたレンガの「赤茶」とが、見事なコントラストを醸し出しています。

Googleストリートビューで見る

  • 中央芝生広場

    キャンパスの中央に位置している「憩いの場」。この広場で、昼休みにお弁当を広げる学生も。

  • 帽子の像

    宮城学院創立100周年を記念して設置された、彫刻家・佐藤忠良氏(宮城県出身)の作品。

  • ピアノ池

    中央芝生広場に隣接するこの池は、「グランドピアノ」がモチーフ。

  • 礼拝堂

    ピアノ池を臨むように建つ建物でキャンパスのほぼ中央に位置し、毎年12月には美しくライトアップされる。

  • ステンドグラス(礼拝堂内)

    20世紀を代表するフランスのステンドグラス作家ガブリエル・ロワール氏の作品。

  • 大学講堂

    大学の式典など、学内のさまざまな行事に使われる多目的ホール。

  • 建学の泉

    帽子の像と並ぶ本学院のシンボル。六角形の池と噴水は、東三番丁キャンパスから移設。

  • ハンセン記念ホール

    音楽館内にあるホール。毎月コンサートや発表会など、多数開催されている。

  • 大学図書館

    3階建ての建物で、蔵書数は約37万冊。映画のロケ地としても使用されました。

  • 大学附属認定こども園 森のこども園

    豊かな自然の中にある園舎。設計を手がけたのは、世界的な建築家の伊東豊雄氏。

講義館・第二講義館

日々の講義が行われるこの2棟には大小あわせて45の教室のほか、実習・資料室や理科実験室、研究室などがあります。講義館2階にはロビーと喫茶コーナー「ブリックハウス」、第二講義館1階には宮城学院生協売店があり、休み時間には学生たちで賑わっています。

家政館・第二家政館

食品栄養学科、生活文化デザイン学科、教育学科健康教育専攻の学生が使用している建物です。調理実習室や実験室、被服実習室、設計工作室、看護実習室などがあります。

音楽館

防音効果の高いレッスン室を40室以上備えており、個人でも仲間とでも演奏できる環境を整えています。