ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

図書館司書課程

<図書館司書課程とは>
日本には昭和25年に公布された図書館法という法律があります。司書資格はその法律に基づいた国家資格です。
司書は公共図書館等において職務に従事する専門職です。
所管官庁部署は文部科学省生涯学習政策局社会教育課です。

本学の図書館司書課程

本課程は図書館法施行規則に則り運営され、課程を修了し、かつ大学を卒業すれば図書館司書資格が得られます。
本学日本文学科、英文文学科の学生・大学院生および卒業生に限り履修登録が可能となっています。
上記2学科の大学院生、および卒業生は科目等履修生として履修します。

大学入学後2年次より科目を履修することになり、すべての科目を履修するには少なくとも2年は必要です。
課程登録には実習費の納入(1回のみ、納入先:財務グループ)が必須条件となっています。
平成23年度以前の入学者は、12科目25単位以上を取得する必要があります。
なお、平成24年度(2012年4月)入学者からは新課程となり、15科目25単位以上を取得する必要があります。

昭和42年2月3日に本課程が開設され今日に及んでいます。それゆえ長い歴史と伝統を有しています。
資格取得条件を満たせば、科目等履修生を除けば大学卒業時に、「司書資格証明書」が本学より交付されます。
在学中に一部の単位を取り残した場合でも、科目等履修生として卒業後も履修可能です。
教職課程に登録すれば、司書教諭資格も同時に取得できます。

開講科目(必須科目・甲群)

科目 単位数
履修開始年次
開講期間等 担当教員
生涯学習概論
図書館情報学概論
図書館サービス概論
図書館情報技術論
資料組織法概説
資料組織法演習A
資料組織法演習B
情報サービス論
情報サービス演習I
情報サービス演習II
図書館制度・経営論
図書館資料論
児童サービス論
2
2
2
2
2
1
1
2
1
1
2
2
2
3
2
2
2
3
3
3
3
4
4
3
4
3
前期
前期
後期
後期
前期
後期
後期
前期
前期
後期
前期
前期
後期
泉山

平形






内馬場
京極
畑田
京極

開講科目(選択科目・乙群)

 下記3科目より2科目以上選択

科目 単位数
履修開始年次
開講期間等 担当教員
データベース特論
図書・図書館史
専門資料論
学校図書館サービス論
1
2
2
2
3
3
3
3
前期
前期
後期
前期

新藤
小林
内馬場

<履修上の注意>
詳細は、全学生に配布された最新版の『学生便覧』を参照願います。
年度当初のガイダンスには必ず出席すること。 
開講科目は本課程登録者のみ履修可能です。

以下の科目は履修条件(順序等)があります。

  • 「図書館サービス概論」、「図書館情報技術論」は、「図書館情報学概論」の単位を取得した履修者のみ履修可能です。
  • 「データベース特論」は、「図書館情報技術論」の単位を取得した履修者のみ履修可能です。
  • 「情報サービス演習II」は、「情報サービス演習I」の単位を取得した履修者のみ履修可能です。
  • 「資料組織法演習A」および「資料組織法演習B」は、「資料組織法概説」の単位を取得した履修者のみ履修可能です。
  • 「資料組織法演習A」および「資料組織法演習B」は、両方とも履修する必要があります。
    博物館学芸員課程との併修者は「生涯学習概論」は1科目のみの履修で両課程の履修科目となります。

<登録学生>
毎年約100名位の新規登録があります。
主な担当教員

■桂 啓壯(かつら けいそう)
本学一般教育課程教授、慶大文学部図書館・情報学科(昭和48年)卒、米国コロンビア大学大学院(昭和63年、図書館学M.S.)修了

図書館司書資格は法的には多くの都道府県や市町村が設置する公共図書館と少数の私立図書館において有効な資格ですが、国立国会図書館を除く他の館種である大学図書館、学校(小中高校)図書館、専門(官公庁、議会、企業など)図書館において採用条件とされることが多く、実質的にはあらゆる館種に求められる資格といえます。
司書として必要とされる知識はインターネットやモバイル機器の普及により大きく変貌しています。歴史・地理・文学・語学・哲学などの文科系の教養とインターネットなどの情報系の知識を兼備することが求められます。
本課程での教授法も最新のものとなるように心がけます。

<掲示板>
人文館3階にあります。特に最新の求人情報を報知しています。