オープンキャンパス開催レポートを公開中!

沿革

1747(延享4)年 「北米合衆国ドイツ改革派教会」(のちの「合衆国改革派教会」
:所謂「ジャーマン・リフォームド」)創立
1838(天保9)年 「北米合衆国ドイツ改革派教会」(「合衆国改革派教会」)、外国伝道局を創設
1841(天保12)年 イギリス・スコットランドのエディンバラ市に「エディンバラ外国医療援助会」
(1843年に「エディンバラ医療伝道会」と改称)創立
1848(弘化5)年
1月22日
T・A・パーム、祖父並びに父の伝道地セイロン(現スリランカ)の
コロンボに生まれる
1850年1月17日
(嘉永2)年
12月5日
橋本熊三郎(のちの押川方義)、伊予国松山藩久松侯藩士橋本宅次昌之の三男として生まれる
1854年
(嘉永7年3月3日)
幕府、ペリーと「日米和親条約」を締結調印
1857(安政4)年 橋本熊三郎、押川方至作右衛門の養子となり押川方義となのる
1858(安政5)年 吉田亀太郎、陸中国花巻に生まれる。この年「日米修好通商条約」締結調印
1859(安成6)年 「米国長老教会」のJ・C・ヘボン、「米国改革派教会」(「米国オランダ改革派教会」:所謂「ダッチ・リフォームド」)のS・R・ブラウン、G・H・フルベッキ来日
1861(文久元)年 「米国改革派教会」(「米国オランダ改革派教会」:所謂「ダッチ・リフォームド」)のJ・H・バラ来日
1864(元治元)年 幕府はS・R・ブラウンとJ・H・バラに横浜居留地167番を外国人礼拝所建築敷地として下附
1866(慶応2)年 「北米合衆国ドイツ改革派教会」(「合衆国改革派教会」:所謂「ジャーマン・リフォームド」)、独自に外国伝道開始の方針決定
1869(明治2)年 押川,松山藩の選抜により上京し、箕作秋坪の「箕作塾三叉学舎」に入塾
1870(明治3)年 「貢進生」の制度が布かれ、押川、「貢進生」となり、開成学校(「大学南校」、のちの 「東京帝国大学」)に学ぶ。(翌年、廃藩置県とともに「貢進生」の制度廃止)
吉田亀太郎、両親と共に石巻に移り住む

ホーム大学概要沿革 > ~1870(明治3)年 プロテスタントの日本伝道