オープンキャンパス開催レポートを公開中!

宮城学院 礼拝堂とベルタワー

緑豊かな桜ヶ丘キャンパスの
ほぼ中央に位置する礼拝堂(チャペル)は
宮城学院のシンボル的存在。
十字架を掲げ、天高くそびえるベルタワーからは
1日に4回、12個のベルが奏でる讃美歌が
キャンパス内に響き渡ります。

画像

礼拝堂は すべての中心

教育において礼拝を重視している宮城学院では、礼拝堂はもっとも重要な建物。毎週月曜・水曜・金曜の昼休み、大学礼拝がこの場所で行われていて、礼拝堂がキャンパスのほぼ中央に位置しているのは、礼拝を中心にした教育が行われていることの表れでもあります。

画像

高さ26mのベルタワー

高さ26メートルのベルタワー。その上部にはカリヨン(複数の鐘を組み合わせて旋律を奏でられるようにしたもの)が設置されていて、9時、12時、15時、17時の計4回、それぞれ異なる讃美歌が演奏されます。また毎年12月には、美しくライトアップされます。

画像

堂内に配された
巨大なパイプオルガンとステンドグラス

礼拝堂内には、旧東三番丁キャンパスの大講堂から移設され、日々の礼拝で荘厳な音色を奏でている巨大なパイプオルガン、そして20世紀を代表するフランスのステンドグラス作家ガブリエル・ロワール作の巨大な3枚のステンドグラスが、それぞれ配されています。

画像

紹介動画
■9時のメロディ 讃美歌493「いつくしみ深い」■

現在紹介中のメロディに加えて、各時間に流れる曲の紹介やエピソードなど
今後も礼拝堂やベルタワーに関するさまざまな情報を順次アップしていきます!
どうぞお楽しみに!!

ホーム大学概要 > 宮城学院 礼拝堂とベルタワー