ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

在学生の声

国語が好きで「日本のことばと文化」に関わることを専攻したいと進学しました。国語教育は、ものの見方や考え方を培うことができます。正解がひとつではないからこそ、視野を広げながら多角的・客観的に考えられるようになりました。教育は自分自身も成長できると教わり、そのすばらしさを実感しています。

日本文学科3年
鈴木 花さん
宮城県 仙台三桜高等学校出身

母校の国語科教員をめざしています

日本文学科3年 伊東 佳歩さん (宮城県 東北高等学校出身)

国語の教師になるという夢を叶え、大好きな文学の勉強もできるので日本文学科に進学しました。古典から近代文学、方言なども含む語学、映画・アニメなどの文化、幅広い分野を研究します。現在、国語科実践研究に力を入れ、中学・高校の国語教材を使用し、どのような授業を展開したら国語の楽しさが伝わるかなどを演習形式で学んでいます。プライベートでは塾の講師のアルバイトをし、少しでも夢に近づけるよう勉強の毎日です。先生方と学生の自主的研究活動組織「日本文学会」の企画部チーフとしても活動しています。講演会や文学旅行の企画運営は協動力や統率力がつき、これからの人生に役立つと思っています。

ホーム日本文学科 > 在学生の声