東日本大震災を契機とする
〈地域子ども学〉の構築
~子どもの視点に立ったコミュニティ研究の拠点形成~

新着情報

  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度

10.8開催/2020 日本―スウェーデン 国際シンポジウム
<地域子ども学>と持続可能性の視点
2020 Japan-Sweden International Symposium
Child-centered Community Studies with Sustainability Perspectives

2020日本―スウェーデン 国際シンポジウム <地域子ども学>と持続可能性の視点
詳細・お申込はこちらから

お申込期限:10/1(木)締切

資料のダウンロード

以下のボタンより、資料のダウンロードが可能です。

※パスワードにてアクセス制限をしております。パスワードは参加者にのみお伝えしております。各ブラウザ(Chrome、Edge、Safari)の最新バージョンでアクセスしてください。

東日本大震災を契機とする
〈地域子ども学〉の構築
~子どもの視点に立ったコミュニティ研究の拠点形成~

子どもの権利 学習支援 子どもの居場所 食育

被災地にある大学として地域復興を強く推進してきた実績をもとに
「学習支援」「食育」「子どもの居住・生活環境」を最重要課題とする〈地域子ども学〉を構築し、
その知見をもって子どもの視点に立ったコミュニティ研究の拠点形成を目指すことを目標としています。