オープンキャンパス開催レポートを公開中!

教員紹介

生活科学部

食品栄養学科

かまだ ゆか
鎌田 由香   准教授

修士(障害科学)

【Ⅰ. 基本情報】
所属 生活科学部 食品栄養学科,大学院 健康栄養学研究科
専門に関わる資格 管理栄養士・臨床栄養師・糖尿病療養指導士・病態栄養認定管理栄養士
NSTコーディネーター・NST専門療法士
研究分野(キーワード) 臨床栄養
主な担当科目 臨床栄養学・臨床栄養学実習・臨地実習・実践栄養管理
病態臨床栄養学特殊講義・病態栄養管理学特殊講義

【Ⅱ. 業績一覧】
研究業績 食品群別摂取量に対する食物摂取頻度調査票(厚生労働省「乳幼児栄養調査」)の妥当性:仙台市認可保育所における横断研究,2017.3、日本栄養改善学会誌投稿中
若年女性のコラーゲンペプチド摂取による筋肉量、音響的骨評価値に与える影響,2017.3,宮城学院女子大学 生活環境科学研究所研究報告 第49巻
東日本大震災における宮城県内医療施設での栄養管理,2012.3,宮城学院女子大学 生活環境科学研究所研究報告 第44巻
所属学会 日本栄養改善学会・日本健康・栄養システム学会
日本病態栄養学会・日本静脈経腸栄養学会・日本在宅医学会
競争的資金の獲得状況
(過去10年間・外部資金含む)
社会における活動
(学会活動以外)
臨床栄養師(日本健康・栄養システム学会)大学院担当責任者;2017年4月~
仙台往診クリニック 非常勤管理栄養士;2014年5月~
仙台赤十字病院 非常勤管理栄養士;2017年8月~
仙台市保育所連合会給食会研究委員会 助言者;2015年9月~2017年3月
第29回宮城県糖尿病療養指導士・看護研究会 講師;2017年7月2日
平成29年度岩手県栄養士会生涯教育研修会 講師;2017年6月10日
宮城県スポーツリーダー養成講習会
 兼スポーツ少年団認定員養成講習会 講師;2014年~

【Ⅲ. 研究室紹介 】
研究活動 臨床栄養分野では、傷病者や高齢者を対象とした栄養ケアを実践します。摂食・嚥下障害、褥瘡、糖尿病、腎臓病、在宅療養者、メタボリックシンドロームなどに関する研究活動の他、疾患予防のための健康教育として、女子大学生や乳幼児を対象とした調査研究を行っています。
ゼミ紹介 ゼミでは、臨床分野の管理栄養士に必要な知識と技術を実践的に学びます。
3年次には健常人を対象として、栄養アセスメントに基づいたケア計画を立案することを目標に、身体構成成分の測定や献立作成、傷病者を対象とした栄養補助食品・経腸栄養剤について調べまとめます。
4年次の卒業研究では、病院実習により担当させていただいた患者様の症例をまとめたり、女子大学生の健康課題についての調査報告を行います。
高校生へのメッセージ ヒトの栄養ケアを行う臨床分野の管理栄養士になるためには、大学のなかで座学だけを受けても実践力を養うことはできません。鎌田ゼミでは、実践栄養管理(4年次選択科目)を行う病院の管理栄養士さんと連携し、卒業研究としてまとめることで、実践力を養うための取り組みを始めました(2016年度・2017年度)。
メディアでコメント可能なトピック・テーマ等 ・文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」認定
 「臨床栄養分野の管理栄養士のための高度専門力育成プログラム」
・日本健康・栄養システム学会
 「臨床栄養師認定講座・臨床研修」承認
個人ホームページ,researchmap,j-global等
その他リンク リレーエッセイ

ホーム食品栄養学科教員紹介 > 鎌田 由香