オープンキャンパス開催レポートを公開中!

教員紹介

生活科学部

食品栄養学科

さいとう よしこ
齋藤 淑子   教授

医学博士

研究分野 白血病、薬剤性心筋症、造血器悪性腫瘍
主な担当科目 解剖生理学、診察診療学
メッセージ 好きなことの中にだけ、適正があるわけではありません。
未経験のことにも挑戦し、また、広い分野の読書で、沢山の知識を身に着けてください。
知識は、可能性を拡げます。
食品栄養学科では、体、健康と食事の関係の基本的なことから学べます。
more info

ひらもと ふくこ
平本 福子   教授

博士(栄養学)

研究分野 食教育 調理学
主な担当科目 調理学実習  食生活論
メッセージ 大学生活の楽しさはいろいろありますが、最もおもしろいのが“知の探検”です。「そもそも〇〇はとは何だろう?」というように、普段あたり前だと思っていることを改めて考えてみると、自分の考えが狭いことやマスコミなどの情報に影響されていることに気づきます。大学とは、自分のものの見方や考え方を問い直す場です。
more info

やない のぶあき
矢内 信昭   教授

理学博士

研究分野 細胞生物学
主な担当科目 生化学Ⅱ,免疫学,臨床分子生物学,生体機能調節学,栄養免疫学特別講義
メッセージ 大学で学ぶことができて、自分のためになることは、自分が身につけたいと思っている能力や知識です。自分の興味がどこにあるのか、将来の自分が身につけていてほしい知識や能力は何かを整理して学部や大学を選びましょう。つまらないと思ってしまうと、何を学んでも身につきません。私の講義、実験実習、ゼミは、生命科学、実験科学に興味のある方に最適です。
more info

ほし ゆうじ
星 祐二   教授

農学博士

研究分野 食品科学
主な担当科目 食品化学,食品学実験,食品理化学実験,食品物性学
メッセージ 食品栄養学科での管理栄養士を目指す学び,そして私のゼミで卒業研究を進めていく上で,高校の化学や数学の知識が必要です.特に,化学については,「化学基礎」だけでなく,いわゆる「基礎なし化学」を勉強してください.「理解」より「好き」で結構です.
more info

まさき きょうすけ
正木 恭介   教授

農学博士

研究分野 栄養生理学
主な担当科目 生化学,ライフステージと栄養,栄養評価実験,食品開発論
メッセージ 無理なダイエットなどしないでください。むやみに痩せないでください。私たちの体は,口から食物を取ることで成り立っています。さらに食べることは,生きていく力にもつながっていくのです。健康とは何か,食事とは何かをしっかり考え,自分の食生活を見直してみてください。
more info

いとう かよこ
伊藤 佳代子   准教授

栄養学士

研究分野 公衆栄養学(健康づくり,栄養改善,地域栄養活動)
主な担当科目 公衆栄養学, 地域栄養活動論, 公衆栄養学臨地実習
メッセージ 朝ご飯は食べていますか。どんな食べ物を食べると元気が出ますか。毎日の食事(間食も含め)は、自分の健康づくりへの積み重ねです。食べること、料理を作ること、見ることに興味をもっている人は、ぜひ、管理栄養士の道に進んでみませんか。大学で、栄養についての知識を学んでいろいろな興味を解明していきましょう。
more info

ささき るりこ
佐々木 ルリ子   教授

修士(スポーツ科学)

研究分野 給食経営管理論
主な担当科目 給食経営管理論,給食経営管理実習,給食経営管理論臨地実習,管理栄養士総合演習
メッセージ 食に携わる仕事は,人の健康や生命に関わる責任があります。管理栄養士の資格を取得するためには,とても専門性の高い勉強をします。理系科目や実験・実習もあり,物事に地道に取り組む姿勢が求められます。高校で学ぶいろいろな科目は学問の基礎となるので,しっかり学習してきてください。
more info

かまだ ゆか
鎌田 由香   准教授

修士(障害科学)

研究分野 臨床栄養
主な担当科目 臨床栄養学・臨床栄養学実習・臨地実習・実践栄養管理
病態臨床栄養学特殊講義・病態栄養管理学特殊講義
メッセージ ヒトの栄養ケアを行う臨床分野の管理栄養士になるためには、大学のなかで座学だけを受けても実践力を養うことはできません。鎌田ゼミでは、実践栄養管理(4年次選択科目)を行う病院の管理栄養士さんと連携し、卒業研究としてまとめることで、実践力を養うための取り組みを始めました(2016年度・2017年度)。
more info

たんの くみこ
丹野 久美子   准教授

博士(情報科学)

研究分野 栄養教育論(スポーツ栄養学,食育,学童期~大学生の食生活)
主な担当科目 栄養教育論の基礎,栄養教育論I,栄養教育論実習
メッセージ 管理栄養士は,人々の食行動をより望ましい方向へ変容できるよう支援しますが,知っていることが必ずしも「できること」とは限りません。「できないこと」を否定せず,その人に寄り添い,改善策を一緒に考えることが求められます。人々が健康でより幸せな人生を送れるよう,理想の管理栄養士をめざしましょう。
more info

ごとう ともこ
後藤 知子   准教授

博士(農学)

研究分野 栄養生理学(亜鉛・ミネラル、成長期・妊娠期、味覚・食欲、脳)
主な担当科目 基礎栄養学、栄養学実験、子どもの食と栄養
メッセージ 様々な食べ物を手軽に選ぶことが出来る「飽食の時代」ですが、その一方で、偏った食生活、食習慣の乱れ、無理なダイエット等から潜在的な亜鉛欠乏が増えています。亜鉛が不足すると様々な健康への影響がありますが、見過ごされることが多く問題となっています。ミネラル不足が及ぼす身近な問題について考えていきましょう。
more info

ホーム食品栄養学科 > 教員紹介