オープンキャンパス開催レポートを公開中!

教育・留学・研修

国際文化学科 3年 加藤萌子

私は、英語に触れる時間を増やすために英語勉強会に参加しています。一人で英語の勉強をするとどうしても息詰まることもありますし、どうも受験勉強のようになってしまって面白くありません。英語勉強会では、英語の論文を材料に勉強しています。長い論文を読むことで長文に慣れ、文から文法を学び、単語を学び、イディオムや言い回しまで学ぶことができます。さらに、英語で要約を発表するので英語を話す機会(発音練習)もあります。さらに、先生も出身が海外の方なので五感すべてを使って英語を学ぶことができます。

私はこの勉強会に参加して英語を英語で理解できるようになりつつあります。また、いわゆる“生きた英語”を学ぶことができていると思っています。これはどういうことかというと、教科書の英語はどうしても日本語訳のことを考えたり受験に必要な事項のかき集めになったりしているのでどうしても文法中心になってしまったり、文章は英語で書かれているけれど内容は日本視点になったりしています。それとは対照的に、私たちが読んでいる論文は他の国の目線から書かれているので、「そういうことも考えられるのか。」と新しい考えを持つことができたり、ネイティブが書く文章中の教科書には書かれることのないルールを知ることができたり、これまで以上にそういった文章を読むのが容易になってきています。
宮城学院女子大学の国際文化学科はかなり異彩を放っている学科だと思います。

先生方はもちろんどの先生も個性が強くて、出身の国も様々。英語が飛び交っているのは日常茶飯事です。それに伴い、学生も好奇心旺盛で長期休みがあれば海外へ飛んでいく学生や日常的に仙台の留学生と交流を深める学生も少なくありません。そのため、常に先生や友達から刺激を受けます。また、どの授業も机の上だけでとどまらないような実践的な授業が多いです。この学科では確実に、他とは違う広く大きな景色を手に入れることができるようになります。

国際文化学科 3年 岩川咲也

今年8月からイギリスの大学に留学します。向こうの授業を受ける準備としてこの勉強会に参加しています。
この勉強会で行っている英語の論文の要約は、たくさんの文献を読むことが求められる海外の大学ではとても役に立つスキルであると思います。同時に、日本についての論文を読むことを通して、海外の日本に対する興味はどのようなところにあり、それに対してどのような議論がなされているのかを少しずつ学ぶことができています。

現在は論文の要約と解説が中心ですが、いずれ英語でのディスカッションにも挑戦したいと考えています。
勉強会では、みんながそれぞれの目標に向かって自分のペースで成長しています。そんなバラエティに応え、刺激的な勉強の機会を提供してくれる国際文化学科の環境と先生方に感謝しています。

国際文化学科 3年 折笠芽衣

私は、大学卒業後に進学を考えており、英語力の向上のためにこの勉強会に参加しています。他の講義のなかでの英語学習とは異なった色を持っており、英語の向上だけでなく、時事問題への興味関心を沸き立たせてくれるような会だと感じています。

勉強会のなかで論文を読み進めていくにあたって、自分がどういった観点から時事問題を見ているのか、どのような考えを持っているのかということにも向き合えると感じています。そして、次第に、この考えを人にはっきり明確に伝えたいという気持ちが芽生えていくことで、英語をがんばって鍛えようという気合に結びついてきていると感じています。

やりたい!学びたい!と思ったことを柔軟に学べる学科=国際文化学科だと思います。なにになりたいのか、なにが学びたいのかが明確になっていない人も、色んなことを万遍無く学びながら、自分の将来のヴィジョンに気づくことができる環境だと思います。自分が好きだと思うこと、面白いと思うことを大事にしてください。

国際文化学科 2年 設樂映林

国際文化学科の英語の授業では文法や内容よりも会話が重視されていると感じています。この勉強会では世界的な時事問題を英語で取り上げると聞き、留学を考えている私にはうってつけの内容だと思い参加しました。これまで参加してきて、確実に語彙力が上がっていると実感しています。この勉強会は先生から声がかかったのですが、先生方が本当に積極的で、いろいろな行事や情報を教えてくれるので自分の可能性と視野が広がる、そんな学科だと思っています。

菊地千明

自分の弱いところ、強いところの発見、そしてスキルアップのためにこの勉強会に参加しています。
勉強会ではとても長い論文を英語で要約していきます。先生が細かく、わかりやすく、時には脱線しつつ(笑)指導してくださいます。
大学では高校とは違って、自分の努力次第で何でもできます。だからこそ、4年間を大学の中だけで過ごすのはもったいない。アルバイトで自分のスキルアップをするもよし、教養のために海外へ飛び出していろんな言語や文化に触れるもよし。わたしたちの熱意に、先生たちは応えてくれます。わたしたちの大学で、みなさんのやりたいこと、はじめてみませんか。

ホーム国際文化学科 > 教育・留学・研修