園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2020.05.16 「もりであそぼう!」午後:ひかり組

外の景色は曇り空のまま、お昼ご飯を食べた子ども達が車で送られてやって来ました。あれ?寝てたのかな、車の中で熟睡した人がボーっとして降りてきました。

さて、少し人数が集まったので移動しましょう。「みんな、お昼ご飯は何を食べたの?」「ぱすた」「らーめん」「うどん」「そーめん」「おにくとごはん」「かれー」「食べたばっかりだから眠くなっちゃったね。では、出発!」

「この間みんなと作った芝人形に芽が出てきました。みんなのはどうかな?水をやってる?」と先生が聞くと「ぼくつくってない!」としょんぼりしていた子に「大丈夫、まだ作っていない人のをこれから作りますよ。」「うん」「さあ、森へ行きましょう。」

ひかり組はそれぞれに好きな場所があり、芝人形を作る人、好きな場所で早速遊び出す人達に分かれました。まず見つけるのは虫、四葉のクローバーを見つけた人はお母さんにお土産です。どうかしおれていませんように。ご覧になったら盛大に喜んであげてくださいね。

前回は盛大に走り回っていましたが、今日は少人数で動き回っているのが目立ちました。

1人になって見つけたいものもあるらしく終始目線が何かを探している目でした。ネイティブアメリカンのテントに初めて入る子は恐る恐るベンチに座っていました。

 

やっと遊びのペースを取り戻して、ごっこ遊びも始まりました。「えんちょうせんせいも ままごとにいれてあげる。」とお誘いを受けて「こなをつくってちょうだい」と指令を受けました。「こういうように」と、石を削って教えてくれました。粉をお風呂にした場所に振りかけながら「わたしはおふろにいれてあわぶろにする。」
ひかり組のお部屋の前にある竹が置いてあるところでは、竹を楽器のように叩いて演奏会、歌と踊りも加わりました。

昨日までと違って暗い森ですが、遊び慣れた場所は動きも自由自在です。「お集まりをしま~す。」の声がして木のテーブルに座ると担任の先生が「パラシュートを作りませんか。」と提案をしました。

実際に作っている場面は見ませんでしたが、先生の話を聞く態度、パラシュートを作る工程をしっかり見る目が素晴らしかったです。お休みしていたけど、態度はみんな年長組です。