森のこども研究室

私たちの森

恵まれた自然環境を生かして

恵まれた自然環境を生かして、子ども一人ひとりの感性を豊かにする保育を行ってきた「土壌」の上に、木のぬくもりにつつまれた園舎が新たに建てられました。生きた森の木々と森の命が吹き込まれた木材に囲まれて、子どもたちの学びの「芽」が育つことでしょう。芽が伸びるには、子どもの心の眼が「根」として培われる必要があります。北欧の保育への広い視野と、日々かかわる子ども一人ひとりへの細やかな目を備えた、保育者が、子どもたちの「根」を確かなものとし、「芽」を伸ばすことでしょう。やがて時を経て、子ども一人ひとりがしっかりとした「樹」となり、それぞれに個性を出し合う「森」となるよう、願っています。

宮城教育大学教職大学院教授
日本生活科・総合的学習教育学会東北支部会長
吉村 敏之


「森のこども園」におけるアウトドア教育の実践とその効果

「北欧スウェーデン発 森の教室」の著者であるシェパンスキー先生による園内研修
(2016年3月26日撮影)

北欧スウェーデンで開発されたアウトドア教育では、アウトドアで子どもたちの体力向上だけでなく、算数や言葉を教えるなど普段の生活の中で教育することが重視されています。このようなアウトドア教育は、ヨーロッパ圏だけでなく、アジア圏の中国やシンガポールでも注目され、インドア環境を補完する新しい教育方法として教員研修にも取り入れられています。

現行学習指導要領は、1996年7月の答申「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」を踏まえて、「生きる力」の理念を次のように示しています。(1)主体的判断・行動による課題解決、(2)他者との協調性、(3)健康と体力。私たちは、これらがアウトドア環境でこそ統合的に育成されるという教育コンセプトともいえる研究仮説を立てて、北欧からアウトドア教育の研究者を招き、公開講演会やワークショップを積み重ねています。

このような状況の中、宮城学院女子大学附属幼稚園では、キャンパス内に広がる森に囲まれた附属幼稚園の発展形として、2016年11月、新しい幼保連携型認定こども園「森のこども園」に移行しました。

では、この「森のこども園」は、どのような教育理念をもって臨むのがふさわしいのでしょうか。自然豊かな環境を活かし、子どもの五感に働きかける学習機会は、宮城学院のキャンパス周辺の森を活用することでこそ実現できる特色の一つと考えます。

また、乳幼児期の保育は、「食べる」「寝る」「遊ぶ」といった子どもの生活を通して、「生きる力」の基礎を育成するように配慮されている点も大きな特色です。

「森のこども園」では、リンショーピング大学シェパンスキー先生の著書「北欧スウェーデン発 森の教室:生きる知恵と喜びを生み出すアウトドア教育(北大路書房)」を参考にしたアウトドア教育が実践されています。

[書籍名] 「北欧スウェーデン発 森の教室:生きる知恵と喜びを生み出すアウトドア教育」
[編集者] A. シェパンスキー, L. O. ダールグレン, S. ショーランデル
[翻訳] 西浦和樹, 足立智昭
[出版社] 北大路書房, 26

研究会報告・学会

「アメリカ心理学会ACTすこやか子育て講座」に本園の保育教諭が参加しました

アメリカ心理学会が開発した、心理の知恵を活かした子育て支援プログラムのファシリテーター養成講座(http://www.csppjapan.com/act/act_home.htm)に、本園の子育て支援室の保育教諭が参加しました。

この講座は、5月27日、28日の二日間にわたって開催されたもので、子どもの発達や怒りの感情、保護者のしつけや養育の在り方などについて、体験を通して学びました。今後、このプログラムを保護者向けに実施できればと考えております。

ご関心のある方は、本園子育て支援室までご連絡ください(教育学部教授・森のこども園園長補佐 足立智昭) 。

2016年度文部科学省委託事業

「地域と教育機関の連携による女性の学びを支援する保育環境の在り方の検討」

研究代表者 足立智昭(教育学部教授・森のこども園園長補佐)

「森のこども園」がモデル園となり、女性研究者に対するサポーティブな保育サービスの整備に関する調査・研究を行いました。女性研究者の皆さんで、研究と育児の両立でお困りの方は、本園の子育て支援センターまでご連絡ください。本学の育児支援専門の教員がご相談を受け付けます。

宮城学院女子大学附属認定こども園 森のこども園開園記念公開シンポジウム

「生きる喜び」から「生きる力」を育む

−「森のこども園」を通して考える幼児教育・児童教育−

< 趣旨 >
あなたが土に触れたのはいつ以来ですか?
あなたは薪を焚き、火を起こすことができますか?

コンクリートジャングルで暮らし、電化製品、スマホに囲まれて育った今の子どもたちは本当の自然を知らない。火を焚き、暖をとって身を守る術も、自然のなかにある危険を予知・察知して身を守る能力も失われていった。非物質化生活が進む一方のいまこそ、教育に託された大切な使命の一つは、子どもたちに物質化生活を取り戻すための場を提供することではないだろうか。本学の幼児教育、児童教育の目標の一つは人間の生きる力を身につけることであり、森のこども園はこの教育理念を具現化した場である。
森のこども園では、森のそばで生きる喜びを感じ、のびのびと育ち、生きる力を育んでいくのである。アウトドア教育を通して、日々の生活の中で自然の豊かさと自然の怖さを知ることで「生きる力」、「学びの芽」を育むことを教育理念としています。
本シンポジウムのねらいは建築、教育の両側面から、森のこども園の開園を機に今の時代に必要とされる保育、教育理念をあらためて考え、そして共有し、それを実現するための建築・空間の力を再認識することである。

< 開催概要 >
2017年1月22日、新園舎の建築を監修した伊東豊雄氏、フィンランドのアウトドア教育の実践家で小学校校長のユッカ・サルピラ氏、北海道で自然を活かした特色ある教育を実践している教育者、宮武大和氏(札幌トモエ幼稚園主任教諭)を迎えて公開シンポジウムを開催した。
最終的なクロストークから、2020年を前にした教育の転換のキーコンテンツとして、科学的な裏づけのあるアウトドア教育の実践に向けた意見がまとめられた。

●多様な学習環境の提供(教室からアウトドアへ)
●多様な学習スタイルの提供(教科書ベースから発見・体験型の学習へ)
●持続的循環型社会に関する学習機会の提供(経済重視から環境・人重視へ)

以上をまとめると、2020年度の学習指導要領から実施予定のアクティブ・ラーニングに関連する「アウトドア教育」プログラムの事例紹介を通して、「子どもと教師の健康促進」「子どものストレス軽減」「子どもの集中力の向上」「仲間との協働の機会の提供」がアウトドア教育の成果として期待されている。そのことが保障されれば、「生きる力」の源泉となる「生きる喜び(モチベーション教育)」の保育実践が可能になることが確認された。

メディア掲載情報

宮城学院女子大学附属の認定こども園「森のこども園」の実践・研究が日本文教出版(小学校の教科書会社)の機関誌に掲載されました。

2017年3月31日付で、小・中学校の新学習指導要領と新幼稚園教育要領が告示され、国の新しい教育方針が示されましたが、宮学の認定こども園「森のこども園」の保育・教育方針や実践が、新しい教育の方向性を先取りした実践研究であることが評価されたのです。

「森のこども園」のカリキュラムでは、「?(不思議に思う心)」、「!(感動の心)」、「♥(思いやりの心)」の3つを育むことを大切にしています。
これは、新指導要領・新教育要領が目指す「学びに向かう力や人間性」を育てるために重要な柱となっています。

掲載記事は、こちら(PDF)をご覧ください。

『生活&総合 navi vol.73 MARCH 2017』 8頁~9頁
教育学科児童教育専攻 教授 生野桂子