園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.05.30 5月の誕生会でした。

CIMG1601

5月のお誕生会は五月晴れの青空です。昨日は雨で順延になった避難訓練を直前に終えた後に、お部屋に戻って準備しました。火災の避難訓練はいつもとは違う緊張感がありました。テニスコートに集合した子ども達に、命を守ること、自分の命を自分で守るためには?放送をよく聞いて先生と一緒に避難することを確認しました。

誕生会はその命が誕生した日を祝う大切な日です。1つ大きくなって成長を喜び、神様に感謝してみんなで祝いました。

礼拝のときに歌った「ことりたちは」の歌声がみんなの広場に広がりました。にじ組が口を開けて大きな声で歌っていたのが驚きでした。とっても上手になりましたね。

礼拝が終わり未満から誕生者のお祝いの冠とカードがプレゼントされました。冠を被るのがどうしても嫌なぶどう組さんは泣いて先生にだっこしていました。

以上児は冠を貰って、一人一人ステージに上がりカードを受け取った後に、名前と大きくなったら何になりたいかを言いました。

 

もも組も泣かずに出席しました。さて、みんなの視線の先にあるのはステージの先生です。エプロンシアターで「おはながわらた」でした。お花が咲くと曲は「かわいいかくれんぼ」になりました。ヒヨコやカメやイヌ、子ども達も登場して楽しい時間が終わりました。

子どものつぶやき(2歳児)-教頭先生から聞いた、ちょっとかわいい話-
ほとんどの子が靴を履いて外に出て行ったのに、一人の男の子がテラスに残っていました。テラスに続く手洗い場の流しのところに大きな《ムネアカオオアリ》が見えました。「あれ~こんなところに、ムネアカオオアリがいる~」先生の側にやってきた男の子は、流しの縁を動き回るアリをジーッと見ると「おなかから、ちーでてる!」「エーッ、○くんもお腹から血出てない?」と聞くと、男の子はTシャツを捲り上げ、「ちーでてない」