園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.05.21 雨・・・でも、たのしい!

CIMG1368

外を打ち付けるような雨が降っています。今日は外遊びはお休みです。南園庭には水溜りができていました。森の緑が一層鮮やかですね。雨は厄介ですが必要な恵でもあります。

ひかり組を覘いてみると先生がなにやら説明していました。前に掘ったタケノコの皮をむいて数えていました。一本のタケノコは何枚もの皮(40枚だったそうですよ)に包まれていることに改めてびっくりです。皮をむいていくと見慣れたタケノコが出てきました。

そら組ではこれからお絵かきが始まるようで、
テーブルの上にはシートとクレヨンが置いてありました。
先生が小さな画用紙を配っています。待っているのも、先生の説明を聞くのも上手です。

にじ2組では奥のグループがタンポでポンポンスタンピン具をしていました。
「みてみて」色のついたタンポや作品を見せてくれました。
半分のグループはカーペットの上で違う遊びをして待っていました。

にじ2組はお絵かきグループと粘土グループに分かれていました。絵が可愛いですね。
今しかかけない絵です。やりたい遊びをやっている時は集中できていますね。

 

みんなの広場で声がしたので中に入ってみたら、
どんぐりクラブ2歳児の親子がフープで遊んでいました。
床に置いて中に立っていたり、そのフープをお母さんが持って潜らせて、
次は大小2つのフープを持って子ども達は4つんばいになってくぐっていきました。

立ち上がって頭から被ってぬけている人もいます。
何と子どもが持ってお母さんが潜っていた人たちもいました。楽しさマックスです。
だあれも嫌がらず集中してやっていましたね。素晴らしい!

どんぐりクラブの子ども達と同じ2歳児のりんご組は粘土をしていました。段々形が作れるようになってきましたね。粘土板の上に細かくちぎった粘土が並べてありました。「これ一人でやったの?」と思わず聞いてしまいました。なんという集中力!

お休みが多いぶどう組は今日は少ない人数でしたが、畳コーナーでブロックやスカーフで遊んでいました。4月に入園したお友達にジーッと見つめられて、今にも泣かれそうです。直ぐに出てきました。

もも組に行ったら「もう、お片付ですよ」と先生の声、畳コーナーから椅子へ移動していました。これから給食準備のため排泄の時間ですね。もも組も今日は4人の登園でした。

雨はお昼を過ぎても激しい音を立てています。昨日、強い風にのって砂が舞いあたりを白くしていましたが、その砂もきれいにしたことでしょう。心なしか雨が降っていても空が明るく感じます。お迎えにくる保護者の皆様は大変でしょうね。子ども達は雨の音を聞きながら楽しく遊んでいましたよ。