園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.05.07 長いお休みの後は、初夏の誘い!

9日間の長い連休は、森の装いを初夏に変え、わすれな草は種をいっぱいつけていました。山ツツジのオレンジ色の花は、森の若葉の中で目立ちます。フキもグーンと大きくなりました。若草色が優しい色を広げる中、つるつるした美しい葉は何の葉かな?と思いながら森を歩きました。

芝生の厄介者のポピーもたんぽぽも一段と生長しました。昨日から降った雨は南園庭に溜まっていましたが、早朝に登園した子ども達が歓声を上げてジャブジャブしてずぶ濡れになりお母さんに叱られ着替えていたそうです。子ども達も久し振りの登園でハイになっていたのでしょうね。

 

時折、強い風に乗って山桜の花びらが散ってきます。野外炊飯場に戻ってみると、にじ2組が散歩しているところでした。そら組は森の遊びが始まっていました。

森の遊びグッズが広げられ自分のものを捜しながら久し振りの遊びです。子ども達が集まっているところに先生がいて話をしていました。トラブル発生!でも、みんなで遊ぶからそんな時もあるよね。うまく解決できそうでした。

北園庭ではおやつを食べた未満児が外で遊んでいました。もも組さんがつかまり立ちをして外を見ていました。

「えんちょうせんせい、みてみて!」連休前にポットに蒔いたとうもろこしと豆が発芽していました。「すごいね、写真撮るから見せてね。」「みんなにしらせてくる!

おそくなった!と急いで外に出て行こうとしていたにじ2組の子ども達は、靴の履き替えもフルスピードでした。