園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.05.08 草取りボランティアの皆様ありがとうございました。

CIMG0841

五月晴れの暑いくらいの森のこども園では、登園後に5人のお母様、1人のお父様、6人の草取りボランティアの皆様がロータリーの園の入り口近辺の草取りをして頂きました。私も一緒に草取りをして、写真に収めないでしまいました。ビニールの草が1時間の成果です。

草取り後お父様はご都合で帰られ、残ったお母様と北園庭のテラスでカフェタイムです。ひかり組は北園庭のフェンス外側のタケノコ堀をしてかまどで湯がき、炭で焼きタケノコにすると朝から張り切っていました。

こんなに出てしまったタケノコは硬くて食べられないので、出てきたばかりのタケノコを掘ったそうです。鍋には米ぬかも入れられて煙が立っていました。ひかり組は出来上がるまで森を中心に思い思いの場所で待っていました。

そら組さんの水色帽子が北園庭のフェンス越しに見えました。葉っぱがいっぱい食べられているのを見て、「はむしなんだよ」「こっちのはっぱにいっぱいいるよ」筋だけになった葉っぱを指差して「うわー!すごい」斜面を歩きながら歓声が沸いていました。

 

戻ってクラスの前のテラスで一度お集まりをすると、何とこれから階段を上って中高の前を通り、芝生広場の入り口にある帽子の像前まで歩いてくると説明されていました。-これから歩くの?-と、私はビックリしましたが、階段を上る足取りが動きがキビキビして集団行動がスムーズでした。

北園庭では未満児が遊んでいます。築山にかかる木の枝からふんわりとした白い花が見えました。もも組さんの散歩車を押していたひかり組は「タケノコを焼くよ!」と声がかかり走っていきました。砂場で遊んでいたぶどう組はそろそろ給食だからお方付けね、と言われていました。子育て支援の親子が先生と一緒に遊んでいました。

ゆっくり時が流れ、小鳥がさえずり、年齢の違う子ども達のそれぞれの遊びを、草取りボランティアのお母様達が新緑の森と共に眺めてくださいました。11時で終了となりましたが、ひかり組の焼きタケノコもご覧になってくださいと声を掛けました。

炭が熾って茹で上がったタケノコを小さく切って串に刺したころ、「あ~つかれた」にじ組がお散歩から戻って水飲み休憩です。ひかり組がタケノコ焼いていると聞きつけて、にじ1組が見学していました。

担任の先生が最初に焼け上がったタケノコを試食です。その後みんなで焼いて食べました。お母様達にも食べていただいたそうです。「やっほ~」坂の上から声がしました。にじ2組が散歩から帰って来ました。緑の間を歩いている黄色い帽子が見えました。