園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2017.11.02 杉沢先生の絵本の読み聞かせがありました。

森のこども園にステキなお客様がいらっしゃいました。絵本の講師として新宿小田急デパートにある書店で親子を対象とした読み聞かせの会をされている杉沢先生です。絵本の先生なのでおもてなしの心を込めて、こども園の紅葉したドングリとモミジの葉をテーブルに飾りました。

杉沢先生は大学の英文科の講演「絵本とことば」の講師としてお招きした先生です。英文科の遊佐先生が「せっかくお招きするのですから森のこども園でも、子ども達とお母さんを対象とした講演会を開きませんか?」とご提案をいただき今日の講演会になりました。


子ども達は最初ににじ組とそら組が52名イスと床に座りました。その後ろにお母様達が座りました。後半はひかり組40名がイスと床に座って絵本を見ました。「うしろにいるのだあれ」「ペンギンたいそう」「しりとりのだいすきなおおさま」「どんぐりのき」など子ども達にたくさん読んでくださいました。


にじ組が終わってお部屋に帰るときに「もっとききたかった~!」と泣き出した子がいました。杉沢先生が「ごめんね」と声を掛けてくださいました。先生の声で聞くお話は、子ども達をぐ~っと絵本の世界に引き込んだようです。お母様達も先生の講話をお聞きして、質問にも答えていただきました。杉沢先生から絵本を聞いている子ども達が素晴らしかった、とお褒めの言葉をいただきましたよ。
お別れのときに先生から、本当は子ども達に是非最後に読んであげたかった絵本「ラポラトラ~森にすむ妖精」をいただきました。今度担任の先生に読んでもらいましょうね、お楽しみに。