園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.05.14 宮城学院の森で~親子ウォーキング~♪

CIMG1038

今日はにじ組とひかり組の親子ウォーキングの日です。私はひかり組と一緒に学内の遊歩道を一周しました。ひかり組は帽子の像の前に9時50分まで集合です。車をこども園に駐車して中高横階段を上ってきたので、保護者の皆様はこの時点で息が上がってしまいそうでした。

いよいよスタート。竹林の前を通って歩き始め、タケノコが出ているのを確認しました。そしていよいよ遊歩道の中に入って行きます。

「トロルの橋」と呼んでいる木の橋は親子一組ずつ渡りましょう、と担任の先生から注意があり、みんな良く守って、長い列ができて親子で一緒に橋をカタコト歩き階段を上がって来ました。

森の中はこのような植物で溢れていました。白い花が多いと思いましたが、ヒメシャガがあちこちに咲いていました。接写に失敗して写真が撮れませんでした。(残念!)

さて、いよいよ本日のメイン・イベント「みんなでちょうせんロープのぼり!」です。ロープ上りの下の広場でシートを敷いておやつ休憩を取り、その間、先生達が仕込みをしてロープの位置と高いところにベルをくくりつけて到達した人はそれを鳴らすことになっていました。

ロープは2ヶ所、のんびりコースとチャレンジコースです。登るのは子ども達だけ保護者の方が下で応援して下さりベルが鳴ると拍手です。ようやく全員が終わりチャレンジしたい保護者の皆様も何人か挑戦しロープ上りが終わりました。そして、戻り道もアップダウンの連続です。

一気に上って丸太沢の横を通り、また階段を下りてを繰り返しているうちにこども園の近くにやっとたどり着きました。

子ども達と一緒にたっぷり歩いた保護者の皆様は、木のテーブルにどっかと座りました。

一方にじ組はどうしていたのでしょう。こども園の森の道を通って中高食堂脇から家政館を通って、講義棟に入り一休みです。

 

本館の前を通った時竹林のところでタケノコを発見!ひかり組よりもタケノコが身近で見られたので、別の発見もあったそうです。竹の根が横に張り出して地面に出ていたのを不思議に思ったそうです。

  

「いけにみずがない!」いつもは鯉が泳いでいる池の水が抜かれコンクリートがむき出しです。「ここであそべるね。」と言った子どもがいたそうですが、やがて水がどんどん溜められていきました。こんな形でのんびり休憩できたのですね。

曇り空だったのに、太陽が顔を出し暑いくらいになりました。急な階段を降りたにじ組さんが、北園庭で歌を歌っていました。昨年までの3歳クラスより長い距離を歩いたので「だっこ」と言った人たちはいなかったの?と付き添いの先生に聞きましたが。「みんな最後までしっかり歩きましたよ」との返事でした。

ひかり組もにじ組さん、日陰の涼しい場所を見つけて森の中に入った人が多かったです。木のテーブルにはテーブルクロスをかけていたので座って食べていた人もいましたね。

食べ終わった後にいつもの遊びが始まっていました。13:30には全てが終了し降園しました。