園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.12.11 クリスマス祝会1グループ

CIMG6902

待ちに待ったクリスマス祝会の日です。
何時もとは違う登園時間に混雑しましたが、皆様のご協力で降誕劇は時間通り始まりました。

子ども達が衣装を着ている間に、保護者の皆様には子ども達が入場するときの曲、讃美歌「もろびとこぞりて」の練習と、降誕劇中の全員が言うセリフを練習しました。

そして、いよいよ保護者の皆様の♪もろびとこぞりて♪の歌声が広がる中、子ども達が入場してきました。

いよいよ「1ばんはじめのくりすます」始まりました。
天使ガブリエルから神の御子がお生まれになると告げられたマリア。ローマの皇帝からの勅令で住民登録をするためにベツレヘムに旅立つマリアとヨセフ、宿屋とのやり取り。新しく覚えた歌とセリフが物語を説明します。

 

羊を寝かせていた羊飼いのところに天使が現れて、救い主がお生まれになったことを告げました。

 

天使の大群もやって来て「いと高き所には」-神に栄光があるように―「地の上では」-御心にかなう人に平和があるように―天使の言葉に続いて保護者の皆様の声もばっちり合わさりました。

♪おほしがひかる♪の音楽でにじ組のお星さまたちがダンスを踊ります。

すると、赤い星が現れて・・・

救い主がお生まれになったことを3人の博士に知らせました。博士たちは赤い星とともに旅立ちます。

  

3人の博士はそれぞれ宝物を差し上げ、みんなでイエス様のお生まれを祝いました。

降誕劇は保護者の方に向けて心に残るメッセージとなりました。子ども達が退場した後にひかり組だけ記念撮影です。退場した子ども達が衣装を脱いでみんなの広場に向かいます。

保護者の皆様のご協力で、みんなの広場が茶話会会場に変わりました。今日はアドベントクランツに4本の蝋燭が灯りました。子ども達が作ったクリスマスの飾りは後で持ち帰ります。お菓子とお茶で楽しい語らいが始まりました。

 

みんなの広場には入れない保護者の皆様は、児童クラブでお待ちいただきました。みんなの広場では、「クリスマスと言えば」という質問の答えを書いてビンゴゲームしていました。答えをうめた後はいよいよビンゴゲーム、商品は…本日の感想を言う特典です。

   

心に残る降誕劇を保護者の皆様に見せることができました。
今まで頑張ってきた1グループの皆さんに大きな拍手を送ります。