園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.12.21 クリスマス礼拝:礼拝堂にて

CIMG7342

礼拝堂で森のこども園のクリスマス礼拝が行われました。
アドベントクランツには4本の蝋燭が灯され、礼拝堂ではパイプオルガンの音色と、コーラスのお母様の練習の声が響いていました。

礼拝堂に向かってこども園の親子が続々集まり始めています。
今回から修了生も招待したので、兄姉の小学生だけではなく卒園児の姿も見られました。

9時半から礼拝堂へ入場が始まり、小学生は2階席に座りました。
 

以上児はクラス席に子ども達だけで座り、未満児は親子で座り、以上児の保護者の皆様には後ろの座席に座っていただきました。

パイプオルガンの前奏曲が流れました。
ハンドベル演奏は、中高のハンドベル班による“Gloria”でした。
普段聴いたことのない音色に子ども達の目も、耳も釘付けです。
 

ハンドベル班の連想が終わりベルを持って退場した後に、キャンドルサービスが始まりました。
イエス誕生の予告で歌ったマリアと天使の歌は、子ども達が大好きな歌です。
可愛い歌声が礼拝堂中に響きました。

キャンドルの火が消され、讃美歌“わたしはちいさいひつじかい”と“おほしがひかる”を歌いました。にじ組さんはお星さまになって歌っていました。
お話とお祈りは中高宗教主事の大久保先生です。

参加の皆様の献金が捧げられました。最後はお母様のコーラスサークルによる“すばらしいホーリーナイト”でした。素晴らしいハーモニーがクリスマスのお祝として歌われました。    

クラス写真の記念撮影が始まりました。

 

クリスマス礼拝は大勢の皆様に参列いただき、礼拝堂中に子ども達の可愛い歌声が響きました。
今後も修了生も、ご家族の皆様にも礼拝を守っていただきたいと思いました。

「感激しました!」とおばあさまにお声をかけていただきました。
36年前に幼稚園時代のお父様が出席して以来の出席だったそうです。

神様の祝福が皆様にありますように…

ご家族で楽しいクリスマス、新年をお迎えください。