園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2020.01.20 くもをみて!おおきいよ!

CIMG7603

冷たい風が吹き抜けます。
週明け月曜日の朝は冷え込んだようで、振替休日の児童クラブの人たちが南園庭で霜柱を集めていました。何か所かで霜柱を発見し、手を泥だらけにしながら壊さないように霜柱を掘り起こし、一か所に積み上げていました。

南園庭ではりんご組が空を見ながら何か言っています。先生が指さしていました。

「何が見えるの?」「くもだよ」「おおきいくもだよ」「くもみて」芝生に寝っ転がると一面の空が良く見えますね。風がとっびきり寒いのに、笑顔の元気パワー全開です。

ぶどう組が寒いテラスの上で円形の紙に模様を描いていました。
「こんな寒い所で描いているの?」「描いたら遊びに使うんです。」という先生の説明でした。
他のぶどう組は園庭を右へ左へ駆け回っていました。

本日2名欠席のもも組も外で遊んでいました。南園庭に戻るところだったらしく、声をかけられるとダッシュ(?)して先生のところを目指していきました。

今日から始まった0歳児どんぐりⅣグループの方たちが、自己紹介も終わり早速寒い外に親子で出てきました。普段家の中に閉じこもりがちな寒さですが、グループのメンバーと一緒に外での遊びを楽しんでいる様子でした。

室内に戻るとちょうどそら組が外の出ていきました。
にじ組はどちらもカルタをしていました。
何度も遊んでいたらしく、読み札を先生が読み上げると、サッとてが伸びていました。

ひかり組はお話し合いです。部屋から見る森には、今はだれもいません。間もなく以上児の子ども達が森に出かけていくのでしょう。遊びコーナーの部屋には、製作途中のカプラの作品がありました。