ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

在学生の声

※学年や学修内容は2020年2月末時点の情報です。

家庭科教員となり、専門知識を活かしたい

生活文化デザイン学科3年 荒 千尋さん(宮城県 仙台二華高等学校出身)

特別支援学校や老人ホームの実習で、子どもたちや高齢者の方から「ありがとう」の言葉をいただき、やりがいを感じました。4年次の教育実習にも、しっかり取り組もうと勉強に励んでいます。本学科は少人数制なので、先生との距離が近く、学生同士のコミュニケーションも取りやすいのが魅力です。ボランティアサークルでは幅広い年代の方と関わる機会が多く、マナーや礼儀が身につきました。

建築士になって自宅を建て替えるのが夢

生活文化デザイン学科3年 船田 真由さん(山形県 山形北高等学校出身)

インテリアや空間デザインに興味があるので、デザイン演習(建築・インテリア)の授業には力が入ります。課題を製作していく中で、いいアイデアが浮かばず、うまく進まないと悩む時もありますが、納得のいく作品をつくれた時は達成感があります。以前より建築を多角的な視点で捉えられるようになったことに、自分の成長を感じています。大学は、新たな目標や新たな自分を発見できる場でもあると思います。

ホーム生活文化デザイン学科 > 在学生の声