受験生応援サイト

ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

在学生の声

※学年や学修内容は2020年2月末時点の情報です。

唐桑に子ども園をつくりたい

幼児教育専攻2年 畠山 幸子さん(宮城県 気仙沼高等学校出身)

本専攻は、保育に関する資格だけではなく、社会福祉士国家試験受験資格や認定心理士資格などをめざせることが魅力です。さまざまな分野を幅広く学ぶことで、子ども一人ひとりの発達を支え、教育や社会が抱える問題の解決に取り組めると思っています。私の夢は、地元である気仙沼市の半島、唐桑に子ども園をつくること。授業では子どもたちが体も心ものびのびと過ごせる環境づくりについて学んでいるので、その学びを地元に活かしたいと思っています。

学びも仲間も一生の宝物

幼児教育専攻3年 山口 朱里さん(山形県 九里学園高等学校出身)

子どもに関わる職業に就きたいと思い、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を取得できる本専攻に進学しました。さまざまな実習で実践力を養い、子どものことを一番に考え、良い保育ができる保育者になりたいです。授業以外では、学友会委員長や教育学会の委員長を務め、行事の企画・運営や人前に立つことで、堂々と意見を述べ、積極的に行動できるようになりました。一生の仲間と出会うことができたのも、宮城学院女子大学のおかげです。

ホーム教育学部教育学科 幼児教育専攻 > 在学生の声