ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

卒業生の声 ※所属は取材時のものです

なんでも一歩踏み出してみて。挑戦を全力で応援してくれます。

高橋 二矢さん(仙台市 子供未来局幼稚園・保育部 桜ヶ丘保育所 保育士)

保育所で1歳児の担任をしています。日々、子どもの成長を近くで感じられることに、とてもやりがいを感じています。登園する子どもたちが駆け寄ってきて、ぎゅっとしてくれるなど、子どもとの絆を感じると、保育士になってよかった、 今日もがんばろう!と思います。
大学時代は、模擬保育や実習など、実践的に学ぶ機会が多くありました。サークルでは、子どもの人形劇&遊び部に所属し、親子の前で手遊びや絵本の読み聞かせをしたり、人形劇や影絵の公演をしたり、現在の仕事にとても役立っています。
宮城学院女子大学は、先生や職員の方々が一人ひとり熱心に関わってくれることが一番の魅力です。くじけそうになった時は、話を聞いて励ましてくださり心強かったです。おかげで、さまざまな挑戦ができ、行動力や決断力が身につきました。
ぜひ色々と挑戦してみてください。卒業する頃には、成長が実感できます。

大切な友達、熱心な先生方。充実した大学時代を送りました。

後藤 ひとみさん(山形市子育て推進部子ども保育課美鈴保育園 保育士)

保育園で、0~1歳児の保育をしています。刻々と成長する子どもを間近に感じることができるのが、保育士の魅力です。毎日ひとつ以上、楽しい発見があるんですよ。
大学では、了どもの育ちにつながる声掛けについて研究しました。今でも時折、学生時代に学んだことを思い出し、自分に間いかけ、丁寧に関わることを意識するようにしています。悟広い視野で関わり、声掛けをしたいと思いますが、まだまだ発展途上ですね。
宮城学院女子大学で一番好きだったのは、まるで森の中にいるような図書室やピアノ室。 ステンドグラスや礼拝堂など、すてきな建物も魅力だと思います。そして何より助けられたのは、学生一人ひとりに熱心になってくれる先生方です。私は一人募らしだったのですが、生活の困り事まで相談にのってもらい、とても心強かったです。私は大学時代に、今でも大切な友達がたくさんできました。ミヤガクで、楽しく充実したキャンパスライフを送ってください。

チャレンジはよりよい未来につながる

遠藤 千滉さん(桜ヶ丘保育所 保育士)

遠藤 千滉

大学では、1年次から定期的に附属幼稚園(現 附属こども園)などで実習があり、4年間を通して座学と実技をバランスよく学べました。 ボランティア活動では、4年間ずっと同じ児童養護施設で遊びや入浴介助などに関わりました。 通い続けることで、子どもたちの成長を継続的に見ることができ、発達について実践的に深く学べました。 ほかにも、障がい児の宿泊ボランティアやイベント時の預かり保育など、さまざまなボランティア活動を通して、子どもたちとの関わり方を学びました。 基礎知識はもちろん、遊びや運動、障がい児への対応など、授業やボランティア活動を通して学んだことは、すべて現在の仕事に活かせています。 宮城学院女子大学は、興味があることにチャレンジできる場です。成功しても失敗しても、自分を育てる材料になります。 どんなことでも自分のよりよい未来につながっていくと思います。

子どもたちの笑顔が元気の源

尾上 麻衣さん(認定こども園 みどりの森)

尾上 麻衣

子どもの興味や関心を大切にした保育を行い、室内の環境整備や教材研究に日々励んでいます。クラスだよりの作成や、日誌による保育の振り返り、保護者との連携を作ることも重要な仕事です。 毎日子どもと接する中で、対応に悩んだりすることもありますが、子どもたちの成長する姿を間近で見ることができることや、何かを達成した時の笑顔を見ると、とてもやりがいを感じます。 子どもたちから気付かされることも多く、自分自身も成長させてもらっていると感じています。 卒業論文では「4、5歳児の意欲を引き出す言葉掛け」について研究し、毎週幼稚園に通いながら先生方の対応を勉強させていただきました。 子どもたちとふれあい、自分の未来を具体的に描ける貴重な体験でした。 ふとした時に、学んだことを思い出し力になっていると感じています。 これからも大学で学んだことを活かし、職場の先輩方を見て学びながら、子どもたちの力を引き出せるような工夫や、さまざまな場面での対応を身につけて、頼もしい先生になりたいと思っています。

ホーム教育学部教育学科 幼児教育専攻 > 卒業生の声