ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

在学生の声

※学年や学修内容は2020年2月末時点の情報です。

卒業論文を見据えて授業に取り組む

心理行動科学科2年 木村 千紘さん(宮城県 塩釜高等学校出身)

音楽認知心理学に興味があり、入学を決めました。現在は、心理学を研究するための基礎を学ぶ心理学実験実習に力を入れています。この実習は、今後取り組む卒業論文に不可欠なので、学びを深め、納得のいく卒業論文を書きたいです。心理学は、データをまとめたり資料を作成する作業が多いので、入学前よりもパソコンの技術が向上しました。将来は心理学を活かせる仕事に就きたいと考えています。

心理学を通して、人々のSOSに気づきたい

心理行動科学科3年 齋藤 あすかさん(宮城県 仙台二華高等学校出身)

心理学を一から学べるので、基礎知識をもって研究を始められます。今は卒業論文の準備段階で、人々が何気なく起こす行動と心理状態との関連を調べています。将来の夢は警察官です。心理学を用いて、日常の行動からSOSを出していることに気づけたら、早い段階で人々を助けられるかもしれないと思っています。

ホーム心理行動科学科 > 在学生の声