ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

奨学金制度

奨学金とは、勉学に意欲を持ちながらも経済的理由で修学が難しい学生の方に対し、学資を貸与又は給付することにより、経済的な負担を軽減し、安心して学生生活を送れるようにサポートする制度です。
☆は新型コロナウイルス感染症にかかる支援制度を示します。

宮城学院独自の奨学金

※申請手続きの詳細は、UNIPAにて掲示・配信します。
※必ず学生本人が手続きをしてください。

☆宮城学院新型コロナウイルス感染症緊急修学支援給付奨学金

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生の経済的負担を軽減し、修学の機会を確保するための奨学金を給付します。

募集要項(7月申請~)
申請書(7月申請~)
(別紙)公的支援の例・基準
(別紙)早見表

2019年発生の台風19号による被災者対象の授業料減免

募集要項
申請書

宮城学院授業料減免制度

経済的理由により授業料の納付が困難であると認められ、かつ学業が優秀であると認められる者で、国による修学支援新制度に申請する資格のない学生を対象にした制度です。
対象:国による修学支援新制度(日本学生支援機構:授業料等減免と給付型奨学金)に申請する資格のない学生
※新制度に不採用となった人、申請資格があるにもかかわらず申請をしていない人は対象とはなりません。

※対象者は 具体的には下記の場合等を指します。
⚫ 「留学」の在留資格、「家族滞在」の在留資格をもつ留学生で家計急変者
⚫ 高校等を初めて卒業した年度(高卒認定試験に合格した年度)の翌年度の末日から、本学入学までに2年以上経過している者 (例 2020年4月入学者の場合、 2017年3月以前に卒業した者が該当)
⚫ 大学院生

基準:所得要件等があります。詳細は要項を参照ください。
給付額:授業料の全額免除または半額免除、留学生は3分の1免除
期間:単年度

募集要項
申請書
理由書

宮城学院奨学会奨学金

授業料納入が困難な学生を支援する目的で、国による修学支援新制度に申請する資格のない学生を対象にした制度です。
対象:国による修学支援新制度(日本学生支援機構:授業料等減免と給付型奨学金)に申請する資格のない学生
※新制度に不採用となった人、申請資格があるにもかかわらず申請をしていない人は対象とはなりません。

※対象者は 具体的には下記の場合等を指します。
⚫ 「留学」の在留資格、「家族滞在」の在留資格をもつ留学生
⚫ 高校等を初めて卒業した年度(高卒認定試験に合格した年度)の翌年度の末日から、本学入学までに2年以上経過している者 (例 2020年4月入学者の場合、 2017年3月以前に卒業した者が該当)
⚫ 大学院生

基準:生計維持者の前年の給与・年金収入の合計が300万円以下、 事業所得等の場合26万円以下
給付額:年間30万円または60万円
期間:単年度

募集要項
提出書類
申請書
援助金に関する申告書
収入に関する事情書

宮城学院女子大学奨学金

経済的理由により学業の継続が困難な学生を対象にした制度です。
対象:1.人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学が困難な学部生
   2.他の本学独自の給付奨学金・授業料減免を受けていない者

※国による修学支援新制度 (日本学生支援機構:授業料等減免と給付型奨学金)の対象とならなかった学生を優先的に採用します。 なお、新制度区分Ⅰ・Ⅱに該当する学生は申請ができません。

基準:世帯収入が、給与所得の場合841万円以下、事業所得の場合355万円以下
給付額:年間20万円または30万円
期間:単年度

募集要項
申請書
記入例
クラス担任所見
収入に関する事情書
援助金に関する申告書
支出明細書

宮城学院同窓会奨学金

対象:人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学が困難で、さらに生活困窮度が著しい学部生(卒業学年を優先)

給付額:20万円

期間:単年度

宮城学院学業特待奨学金(プールボー奨学金)

対象:
(A)大学入学共通テスト利用選抜(A日程)受験者のうち、指定科目の合計得点率が75%以上かつ各学科の成績上位であり、入学手続を完了した者
(B)総合型選抜・学校推薦型選抜合格者(入学手続完了者)のうち、大学入学共通テストを受験し、入学予定の学科が指定する大学入学共通テスト利用選抜(A日程)の合計得点率が75%以上の者

給付額:年間40万円

期間:4年間(ただし毎年継続審査あり)

採用人数:10名以内

詳細:学業特待奨学金

国および日本学生支援機構(JASSO)奨学金

※申請手続きの詳細は、UNIPAにて掲示・配信します。
※必ず学生本人が手続きをしてください。
※家計急変が生じた場合は学生課へご相談ください。

高等教育の修学支援新制度(大学授業料減免及び日本学生支援機構給付奨学金)

高等教育の修学支援新制度について

日本学生支援機構貸与(第一種・第二種・家計急変による緊急応急採用含む)奨学金

日本学生支援機構貸与について

高等教育の修学支援新制度(家計急変による採用)

予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合で、一定の要件を満たせば支援対象となります。 原則として、急変事由発生日から3か月以内に申し込む必要があります。

詳細:新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援からご確認いただき、該当する場合は急ぎ学生課へご連絡ください。

連絡先: / 電話:022-277-6271(平日9:00~17:00)

☆高等教育の修学支援新制度(新型コロナウイルス感染症の影響を事由とする家計急変による採用)

上記「高等教育の修学支援新制度(家計急変による採用)」と同内容の支援が受けられますが、新型コロナウイルス感染症の影響を事由とする家計急変の申請には、追加で必要となる書類がありますのでよくご確認ください。

詳細:【日本学生支援機構】新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援

☆参考:【文部科学省】新型 コロナウィルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ
【文部科学省】新型 コロナウィルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ

その他の制度

☆「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』 ※アルバイト収入の減少等により困窮する学生対象

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるアルバイト収入の減少などにより学生生活の継続に支障をきたす学生等を対象に、緊急で現金給付の支援を行う国の事業です。令和2年5月19日に閣議決定しました。申請方法は、UNIPAにて確認してください。

申込時期:二次推薦 2020年7月15日大学必着

参考:【文部科学省】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』

自治体独自の奨学金や民間奨学金等

自治体や民間企業、財団等が独自の奨学金等の制度を設けている場合があります。大学を通して申請するものと、個人で応募をするものがあります。

詳細:申込受付中の学外奨学金一覧

☆特別定額給付金(10万円の支給) (総務省)

国が実施する、新型コロナウイルス感染症による経済的影響への緊急経済対策の一施策です。
基準日(令和2年4月 27 日)において、住民基本台帳に記録されている人を給付対象者、その 人の属する世帯の世帯主を受給権者とし、給付対象者1人につき 10 万円を給付する制度です。
申請は、市区町村から世帯主宛てに郵送された申請書により、世帯主が郵送又はオンライン (マイナンバーカード所持者が利用可能)により行います。給付は原則として申請者本人名義の銀行 口座への振込です。

申込時期:市区町村により決定された郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内。

詳細:【総務省】特別定額給付金

☆生活福祉資金貸付金(緊急小口貸付貸付等の特例貸付)

新型コロナウイルス感染症の影響により緊急かつ一時的に困窮する世帯の生計維持のために、無利子・20 万円以内で貸付を行う等の制度です。

申込時期:随時

詳細:【厚生労働省】生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付金(教育支援資金)

低所得世帯を対象として、大学等に修学するために必要な経費について、無利子・月6.5万円以内(大学の場合)で貸付をうけられる制度です。また、入学に際し必要な経費について、50万円以内でまとまった額の貸付も行っています。

申込時期:随時

詳細:【厚生労働省】生活福祉資金貸付制度

母子父子寡婦福祉貸付金(就学支度資金・修学資金)

母子・父子・寡婦家庭の方が、 ①就学するために必要な受験料、被服費等に必要な資金に充てる資金として、無利子・59 万円以内(私立大学の場合)、 ②大学等に就学するための授業料、書籍代、交通費、生活費等に必要な資金に充てる資金として、無利子・月14.6 万円以内(大学で自宅外通学の場合)で貸付を受けられる制度です。

申込時期:随時

問合先:お住まいの都道府県・指定都市・中核市の福祉事務所等のひとり親世帯関係施策担当

日本政策金融公庫の教育ローン

大学等に入学・在学する方の保護者に対し、学生等1人あたり350万円以内の貸付を行うものです。利息は年1.71%(固定金利)です。

申込時期:随時

詳細:【日本政策金融公庫】教育一般貸付

☆雇用調整助成金の特例措置 ※雇用主向け

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が、休業手当を払う場合、学生アルバイトも含 む非正規雇用も対象となる特例があります。アルバイトの雇用主に確認をしてください。

<貸与奨学金の返還について>

日本学生支援機構の奨学金を貸与されていた方へ
宮城学院独自の奨学金を貸与されていた方



お問い合わせ

学生課  
電話:022-277-6271(平日9:00~17:00)

ホーム学生サポート > 奨学金制度