インタ−ネットと国文学

「インタ−ネットと国文学」に関する論文の要約



  • 「インタ−ネットと国文学」:日本文学ノ−ト、No.33 :1-16(通し頁236-221)1998


     研究者にとって、いまやインタ−ネットを利用するのは当たり前の環境となりつつある。最近では国文学分野においても全国の文学館や図書館の目録、展示品、絵巻、写真はもとより、国文学関係の紀要や文学作品のデ−タベ−スなどの利用が可能となった。    本稿は、国文学におけるインタ−ネットの現状を梗概し、併せてその利用法について述べた。

    [戻る]