ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

在学生の声


みんなが笑いあえる学級をつくりたい

教育学科児童教育専攻3年 菅澤 花さん(宮城県 仙台南高等学校出身)

小学生の頃から「将来は小学校の先生に!」と考えていました。今は発達障害児への教育について研究しています。理由は、特別な教育支援を必要とする児童が1学級に約6.5%もいると知ったからです。授業中でも休み時間でも、すべての児童が学習しやすく過ごしやすい環境をつくり出せる教員になり、全員が笑いあえる学級をつくれるよう、日々勉強に励んでいます。この専攻は教員と学生の間に壁がなく、みんなフレンドリー。みんなが私にとって、家族のように大切な存在です。

※児童教育学科は、2016年度より教育学科児童教育専攻に改組・再編されました。

ホーム児童教育学科 > 在学生の声