ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

在学生の声

小学校・幼稚園の教育に加え、特別支援についても学べるのが児童教育専攻の魅力です。現在は、学習障がいの子どもに対する対応や授業の組み立て方を研究しています。教育学を学ぶようになって、相手の立場に立ち、分かりやすく伝えるにはどうしたら良いかと考えるようになり、物事を客観的に見られるようになりました。

児童教育学科3年
武田 茉里子さん
宮城県 宮城第一高等学校出身


教育実習は充実した学びの場です

児童教育学科3年 斎藤 結里さん (福島県 会津高等学校出身)

私には地元福島で小学校教諭になるという夢があります。ここでは、小学校教諭一種免許状だけでなく、幼稚園教諭一種免許状も取得できます。幼児期・児童期両方について幅広く学べることに魅力を感じています。3年次では、幼稚園と小学校で教育実習を経験し、授業の仕方や児童との信頼関係の築き方、学校経営の在り方など多くのことを学びました。 指導技術はもちろん、精神面も成長できたと感じています。現在は教員採用試験に向けての勉強をしながら、小学校でのボランティア活動にも力を入れています。現場に近いところに身を置き、先生方の指導や授業の仕方など、たくさんのことを吸収したいと思っています。

※児童教育学科は、2016年度より教育学科児童教育専攻に改組・再編されました。

ホーム児童教育学科 > 在学生の声