ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

卒業生の声 ※所属は取材時のものです

授業もボランティアもすべての経験が今に活きています。

宮澤 莉奈さん(宮城教育大学附属小学校 教諭)

宮城学院女子大学では、教科の指導法や学級経営のことなど、教諭になるために幅広く学びました。学科は少人数だったので、先生方の手厚い指導をいただけることが魅力です。悩んだり迷ったりした時は、じっくり話を聞いて頂けました。授業はもちろんですが、発達障害を持った子どもたちと関わるボランティア活動にも力を入れましたね。子どもたちとの関わり方や声がけの仕方は、とても勉強になりました。
学びを活かし、現在は小学校3年生の担任をしています。研究教科は音楽です。子どもたちの成長を近くで見られることにやりがいを感じています。今後も、子どもたちの成長のきっかけに少しでもなれたらいいなと思っています。
学生のうちに、やりたいことは積極的に取り組み、さまざまな人や物事から多くのことを吸収してください。すぐには役立たなくても、「やっておいてよかった」と思う時が必ず来ます。

学生時代の経験は今も役立っています

菅沼 美南海さん(仙台市立向陽台小学校教諭)

私は小学校・幼稚園両方の教員免許状を取得しました。教育の専門的な知識や技能を学び、現場で活きる実践力をつけるために、模擬授業に力を入れていました。教材研究や指導案作成、さまざまな内容をシミュレーションする模擬授業は、働く上でとても役立っています。学校ボランティアも行っていたので、現場を見る機会も多く、学んだことをすぐに活かせるとても良い環境でした。健常児・発達障がい児両方のボランティア活動では、支援のあり方について考えを深めることができました。その経験は、一人ひとりの実体をよく見て、その子にとって今何が必要かを常に考えることに役立っています。段階を踏んだ学習指導をどのように工夫するかという教材研究にもつながっています。

生徒一人ひとりと向き合う日々

福田 睦美さん(大崎市立古川第四小学校 教諭)

小学校5年生の担任をしており、生徒指導と教科指導を行っています。全教科の授業に加えて、児童同士で問題が起こった時の対処や、保護者との日頃の連絡など、多くの業務があります。大変なこともありますが、努力した分、子どもたちの「できた」が実感でき、その笑顔に報われます。 学生時代は「教科教育法」、特に国語科の指導法を研究していました。小学校における国語は、母語であり、日本人としての基礎となるので力を注ぎました。塾講師のアルバイトでも、授業で学んだことを実践していました。今でも授業作りや教材研究の基盤となっており、教育者としての基礎を学ぶことができました。 宮城学院女子大学では、自分が学びたいことについて先生方から一人ひとりに丁寧なサポートがもらえます。夢を加速させ、実現することができたすばらしい学生生活でした。今は教員としての経験を積み、自分も成長し続けたいと思っています。この職業は、子どもたちと関わる中で、教員としてだけではなく、一人の人間として成長できるすばらしい職業です。

経験豊富でさまざまな分野に精通した教授陣が強い味方

土手内 千春さん(岩沼市立岩沼南小学校 教諭)

現学中のボランティアで自分の進むべき道が小学校であることを自覚した私は、教員採用試験を見据えた勉強をスタート。教職センターに何度も通い、ゼミの先生や他の先生方に丁寧に指導していただきました。児童教育学科は、実際に教壇に立たれていた経験豊富な教授、教員採用試験について詳しい教授など、さまざまな専門分野を持った先生がいて本当に助かりました。おかげさまで、在学中に現役合格できました。 私は座学より実技が大好き。大学時代、理 科系の教授と一緒に虫とり網を持ってキャンパス内を 歩いたり、家庭科の授業で魚を三枚おろしにしたり、楽しんで学んだ実技が、小学校の子どもたちに実経験として教えられることに感謝しています。 卒業してからも具体的な指導方法のアドバイスをいただきに、教授を訪ねることがあります。

ホーム児童教育学科 > 卒業生の声