オープンキャンパス開催レポートを公開中!

卒業生の声

同じ目標を持つ仲間と励まし合いながら勉強しました

宮城県・小学校教諭 菅沼美南海さん

浅野 有美さん

生まれ育った宮城県で、教員として児童の成長を支援したい。その思いを叶えるため、1年次から説明会や合格体験発表会等に積極的に参加し、合格した先輩方の勉強法や試験のポイントといった情報を収集してきました。本格的な勉強に取り組んだのは、3年生の11月頃。教員採用試験対策講座への参加を中心に、同じ目標を持つ仲間と励まし合いながら勉強を進めました。“みんなでがんばる”という雰囲気があったからこそ、集中力を切らすことなく続けられたような気がします。

宮城学院でたくさんの経験をしてください。

仙台市立七郷小学校教諭 浅野 有美さん (2011年3月卒業)

浅野 有美さん

宮城学院ではお世話になった先生は、皆さん教員として活躍されてきた方々ばかり。さらに宮城学院では、実際の教育現場に出向いたり、ボランティアとして実習を積むチャンスが豊富にあることも魅力でした。自分自身、勉強にボランティアに、体験を通して多くのことを吸収できたと思います。教育現場に立つ今、宮城学院で実感した「一生懸命はかっこ悪くない」ということを、自分の姿を通して伝えられたらと思っています。

教師に必要な心構えを醸成することができました。

仙台市立茂庭台小学校 教諭 飯澤由貴さん(2011年3月卒業)

飯澤由貴さん

児童教育学科では、単に教員免許を取得するためだけの勉強ではなく、人を教え導く存在になるとはどういうことかという、教師にとって大切な心構えを醸成することができたように思っています。選択した理科ゼミでは、虫の生態を教える研究に没頭。そこで得た知識や経験が、授業を組み立てていく上でとても役立っています。現場では悩むこともありますが、学生時代の学びを糧に、常に前向きに取り組んでいます。

ホーム児童教育学科 > 卒業生の声