ミヤガクのことがわかる絶好のチャンス!オープンキャンパスに行こう

卒業生の声 ※所属は取材時のものです

チャレンジはよりよい未来につながる

遠藤 千滉さん(桜ヶ丘保育所 保育士)

遠藤 千滉

大学では、1年次から定期的に附属幼稚園(現 附属こども園)などで実習があり、4年間を通して座学と実技をバランスよく学べました。 ボランティア活動では、4年間ずっと同じ児童養護施設で遊びや入浴介助などに関わりました。 通い続けることで、子どもたちの成長を継続的に見ることができ、発達について実践的に深く学べました。 ほかにも、障がい児の宿泊ボランティアやイベント時の預かり保育など、さまざまなボランティア活動を通して、子どもたちとの関わり方を学びました。 基礎知識はもちろん、遊びや運動、障がい児への対応など、授業やボランティア活動を通して学んだことは、すべて現在の仕事に活かせています。 宮城学院女子大学は、興味があることにチャレンジできる場です。成功しても失敗しても、自分を育てる材料になります。 どんなことでも自分のよりよい未来につながっていくと思います。

子どもたちの笑顔が元気の源

尾上 麻衣さん(認定こども園 みどりの森)

尾上 麻衣

子どもの興味や関心を大切にした保育を行い、室内の環境整備や教材研究に日々励んでいます。クラスだよりの作成や、日誌による保育の振り返り、保護者との連携を作ることも重要な仕事です。 毎日子どもと接する中で、対応に悩んだりすることもありますが、子どもたちの成長する姿を間近で見ることができることや、何かを達成した時の笑顔を見ると、とてもやりがいを感じます。 子どもたちから気付かされることも多く、自分自身も成長させてもらっていると感じています。 卒業論文では「4、5歳児の意欲を引き出す言葉掛け」について研究し、毎週幼稚園に通いながら先生方の対応を勉強させていただきました。 子どもたちとふれあい、自分の未来を具体的に描ける貴重な体験でした。 ふとした時に、学んだことを思い出し力になっていると感じています。 これからも大学で学んだことを活かし、職場の先輩方を見て学びながら、子どもたちの力を引き出せるような工夫や、さまざまな場面での対応を身につけて、頼もしい先生になりたいと思っています。

園の存在が地域の保護者の役に立てるように

バンビの森保育園 園長 壹岐 美津子さん

園に通う子どもと保護者はもちろんのこと、当園では子育てセンターを併設し、地域の親子支援にも取り組んでいます。病院勤務の頃から感じていたことですが、保育士の仕事のうち保護者の心のケアが占める割合はとても大きなもの。育児疲れのお母さんが当園に通って子どもを心から愛せるようになり、その後二人目のお子さんを出産されたと教えてくださったこともありました。園そのものの存在が、地域の保護者の役に立っていると感じる瞬間、園を立ち上げてよかったと心から思います。宮城学院女子短期大学の保育科で出会った、個性的で素敵な、何でも相談できる教授や友人たちは今でも大切な宝物。きっとみなさんも、卒業後まで続く人生の基礎と人間関係を築けると思います。

1カ月の充実した実習が現場での大きな自信に

庄子 いづみさん(認定こども園 宮城学院女子大学附属幼稚園 保育教諭)

在学中の実習は今私が働いている附属幼稚園(現 子ども園)で行いました。1カ月間じっくり現場で学ばせていただいたおかげで、卒業後、保育について悩むことがあっても、実習のことを思い出し、いただいた助言を励みにしてきました。そして今心掛けているのは、子どもたちが小学校に上がるまでの短い時間に、たくさんの経験と学びを通して自信をもたせてあげたいということ。10年先、20年先まで影響する「人生で一番最初の先生」として、子どもに関わることができる喜びは、とても大きなやりがいです。何かを教えるのではなく、子どもと一緒に成長する姿勢が、私のめざす幼稚園の先生像です。

知らず知らずのうちに“実践力”が育まれていた

根元 麻佑里さん(学校法人支倉学園 めるへんの森幼稚園 幼稚園教諭)

根元 麻佑里

発達臨床の学外必修実習は2回。私はさらに選択実習を1回増やし、計3回の実習を経験しました。実はその3回とも、実習場所が今勤務する「めるへんの森幼稚園」だったのです。子どもたちが伸び伸びと思いきり遊ぶところ、自分のことは自分でやるところなど、私がめざしていた幼稚園像とぴったり重なっていたからです。今、実習生を受け入れる立場になって感じることは、宮城学院は実習への力の入れ方が素晴らしいということ。日誌や指導案の指導がしっかりされていたため、即戦力になる素地が育まれていたのだと感じます。

ホーム教育学部教育学科 幼児教育専攻 > 卒業生の声