オープンキャンパス開催レポートを公開中!

卒業生の声

地道な試験対策と実習を通して身につけた力が要因

仙台市職員 柴﨑みなみさん

畑山 さやかさん

大学で学んだ福祉の知識・技術をいかして地域に貢献したいとの思いから、仙台市職員を志望しました。3年次の春頃から、過去問題集で対策をスタート。ゼミの先生や就職担当職員の方々には何度も面接練習をしていただき、そのおかげで自分の弱い部分がクリアになり、自信をもって本番に臨むことができました。コツコツと対策を進めてきたことに加え、保育実習や教育実習、ソーシャルワーク実習等を通して身についたコミュニケーション能力も、高く評価されたと思います。

出会ったすべての“縁”に感謝。

学校法人小野学園 清水幼稚園 幼稚園教諭 畑山 さやかさん (2010年3月卒業)

畑山 さやかさん

幼稚園教諭として私自身も幼少期に通ったこの幼稚園に勤務して3年。「さやか先生!」と呼びかけ頼りにしてくれる子どもたちの笑顔は私の元気の源であり、この職業についてよかったと心から感じています。宮城学院では実践的な学びをすることができたので、子どもたちと接することはもちろん、実習指導案を作成した経験は1年目の時から活きましたね。また、一生の友人に巡り合えたのも大学時代の宝。すべての“縁”を大切にし、笑顔の絶えないクラスをつくっていきたいです。

お母さんと接する場面にも、大学での学びが活かされてます。

宮城学院女子大学附属幼稚園 三浦可奈さん (2010年3月卒業)

三浦可奈さん

通常の教育時間が終わってからの「預かり保育」を中心に、子どもたちと接する毎日。仕事や急用で出掛けたお母さんを待つその表情から心情を察し、寂しい思いをしないよう配慮しています。また、お母さんの悩みに耳を傾ける「子育て支援」も行っていますが、大学で学んだ心のケア、豊富な実習経験が活かされていると実感しています。今後も子どもたちの笑顔を輝かせる努力を積み重ねていきたいと思います。

先進的な保育を実践する職場で、子どもたちと一緒に成長中です。

社会福祉法人希望園福室希望園保育士 東海林弘恵さん (2007年卒業)

東海林弘恵さん

「働くならここ!」と現在の職場を決めたのは、大学1年の時。園長先生が大学に講義にいらして、積極的に子育て支援をしている希望園の話を聞いて感動しました。現在私は園に併設している子育て支援センターの担当で、地域の未就園の0才からの子どもたちとその保護者を対象に、体操や手遊び、クリスマス会など催し物の企画をしています。地域の子育てサークルに出張保育に行くこともあります。素晴らしい環境の中働けることに、日々喜びを感じます。

ホーム教育学部教育学科 幼児教育専攻 > 卒業生の声