オープンキャンパス開催レポートを公開中!

教員紹介

一般教育学科

もり まさひこ
森 雅彦   教授

修士

【Ⅰ. 基本情報】
所属 一般教育部
専門に関わる資格
研究分野(キーワード) 西洋美術史
主な担当科目 西洋美術史、歴史・文化史演習

【Ⅱ. 業績一覧】
研究業績 『アカデミーとフランス近代絵画』(共訳、三元社、2005年)
『ルネサンス美術館』(共著、小学館、2008年)
『アルベルティ 芸術論』(新装普及版、中央公論美術出版、2011年)
所属学会 美術史学会、美学会、イタリア学会、日仏美術学会
競争的資金の獲得状況
(過去10年間・外部資金含む)
科学研究費基盤研究(C)(平成17年度~平成19年度)サン・ルカ美術アカデミーの特質に関する実証的研究(研究代表者)
科学研究費基盤研究(B)(平成17年度~平成20年度) 前近代における「つかの間の展示」研究(分担)
鹿島美術研究(平成23年度) マニエリスム彫刻の研究
社会における活動
(学会活動以外)

【Ⅲ. 研究室紹介 】
研究活動 イタリア・ルネサンスを中心に西洋美術史を研究しています。ルネサンス美術は西洋美術史の花形の分野のひとつで、美術史の様々な手法はしばしばこの分野から生まれました。ですから、興味は多々あります。もともとミケランジェロから始めて、彼のような芸術が生じた前提を知るために15世紀の初期ルネサンスを研究していました。いまはポスト・ミケランジェロの美術、マニエリスムと言われる16世紀の美術を研究しています。
ゼミ紹介 美術史に関心をもってもらうために、最初は日本人にもなじみの多いフランス近代美術を題材にしたゼミを行うようにしています。その後は近代以前の美術を対象に、多くの場合はバロック美術やルネサンス美術などをテーマに、古い時代の美術にも関心をもってもらうように努めています。またときに画家たちを扱った映画作品を用いることもあります。ただし卒論で何をするかは、芸術に関係するものであればまったく学生諸姉の自由です。
高校生へのメッセージ 美術は楽しいものです。ただ残念なことに、見てすぐ分かるといったものではないし、絵がじょうずなことと絵を「理解する」ことは、必ずしも同じではありません。まずは少しだけ意識して展覧会に行ったり、画集をひもといたりして関心の輪を広げ、ぜひお気に入りの美術家を見つけてください。
メディアでコメント可能なトピック・テーマ等
個人ホームページ,researchmap,j-global等
その他リンク リレーエッセイ

ホーム一般教育課程教員紹介 > 森 雅彦