オープンキャンパス開催レポートを公開中!

教員紹介

一般教育学科

しんめん みつぐ
新免 貢   教授

修士

【Ⅰ. 基本情報】
所属 一般教育部
専門に関わる資格 宗教法人日本基督教団正教師
研究分野(キーワード) 初期キリスト教思想(ナグ・ハマディ文書、ベルリン写本8502、チャコス写本など)、現代キリスト教批判(暴力、格差、貧困など)、現代宗教(カルト)など。
主な担当科目 「キリスト教学」「キリスト教と現代」「宗教と社会」「特殊研究(宗教学)」など

【Ⅱ. 業績一覧】
研究業績 「滅亡の予感の中でイエスの生き方に戻る」(共著『滅亡の予感と虚無をいかに生きるのか―聖書に問う』、新教出版社、2012年3月、7―72頁)
「キリスト教再構築への新たな視座―『使徒言行録』を手がかりとして―」(共著『「キリスト者」が良き名前となる為に~”使徒行伝”に歴史の中の教会を問う~』、日本基督教団西宮公同教会出版事業部、 2010年、115-264頁 )
「『ユダ福音書』論」(『キリスト教文化研究所研究年報:47号』 2014年3月、1-67頁)
所属学会 印度学宗教学会、日本宗教学会、日本基督教学会、京都ユダヤ思想学会
競争的資金の獲得状況
(過去10年間・外部資金含む)
社会における活動
(学会活動以外)
(社団法人)神戸国際支縁機構設立理事、旭が丘幼稚園理事

【Ⅲ. 研究室紹介 】
研究活動 正典聖書、外典文書、及び、初期キリスト教諸資料に埋もれた激しい神学的諸議論の跡を批評学的テクスト分析に基づいて掘り起こしています。また、他の諸思想とも比較しながら、支配宗教としての現代キリスト教を強固に規定している種々様々な規範的枠組みや観念を問い直す作業を試みています。この作業は、世界変革の理念と暴力性の両方を内在させているキリスト教の原理に対する批判的考察を伴い、毎年論文の形でまとめています。
ゼミ紹介 具体的な事例(コロンバイ高校銃乱射事件、神戸児童連続殺傷事件など)を取り上げながら、人間を理解することはどういうことであるかを考えます。生物が多種多様な仕方で生息しているように、人間にも様々な生きる形があるという認識のもとに、画一的な基準で振り落されている人間存在への優しい視線を身につけ、分断されている人間関係の回復への関心と問題を起こしている当事者側に寄り添う意識を高めます。 
高校生へのメッセージ 第一に、将来を決してあきらめないでください。第二に、社会の各方面にはびこる「フェイク」(女子力、強さ、名誉、肩書、高学歴、高収入、健康志向など)にだまされないでください。第三に、時間をかけて『苦海浄土』(石牟禮道子)を読み、社会下層を犠牲にして展開されてきた近代日本の歩みを学んでください。
メディアでコメント可能なトピック・テーマ等 1.若者と現代宗教(カルトを含む) 2.性的少数者 3.科学技術の欺瞞、科学技術災害としての自然災害 4.貧困家庭 5.JK産業 6.テロ 7.人文系教養教育の復権 8.冤罪 9.産学協同の欺瞞 10.沖縄における米軍基地問題 11.「ポピュリズム」の台頭 12.「震災復興」の欺瞞 12.少年犯罪 
個人ホームページ,researchmap,j-global等
その他リンク リレーエッセイ

ホーム一般教育課程教員紹介 > 新免 貢